人材採用に役立つ!トライアル雇用を活用するメリットとデメリット!

人材の採用方法としては、求人誌で募集をかけ採用する方法や、人材紹介会社を利用して採用する方法、大手転職サイトを利用して採用する方法など、数多くの手段があります。その中でも、人材採用コストと人件費を削減することができる方法として、トライアル雇用奨励金を活用した採用方法があります。

助成金を受給できるトライアル雇用とは


トライアル雇用とは、企業が3ヶ月間の試用期間として労働者と有期雇用契約を結び、問題がないようであれば、その後、正社員として労働者を採用するという制度です。企業は、ハローワークや職業紹介事業者等の紹介により、対象労働者をトライアル雇用した場合に、政府からトライアル雇用奨励金を受給することができます。

この制度の対象となる労働者は、職業経験、技能、知識等の不足により安定した職業に就くことが困難な求職者であり、彼らの雇用機会を創出することが目的で行われています。

トライアル雇用の企業側メリット


1.試用期間で労働者の適性を判断できる
トライアル雇用では、原則3ヶ月間の試用期間が存在します。そのため、労働者を正規雇用する前に、業務に対する適性があるのか、労働者の性格が社風に合っているのかなどの判断をした上で、労働者を雇用することができます。

2.人材採用コストと人件費を抑えることができる
トライアル雇用の場合、ハローワークや職業紹介事業所等からの紹介で雇用するため、人材紹介会社や大手転職サイトを利用するよりも人材採用コストを抑えることができます。また、トライアル雇用奨励金をもらうことができるので、トライアル雇用でかかる人件費を抑えることもできます。

3.若年者等正規雇用特別奨励金も利用できる可能性がある
25歳以上40歳未満の労働者を、3ヶ月間の試用期間を経て正規雇用した場合、若年者等正規雇用化特別奨励金も併給できる可能性があります。この奨励金を利用した場合は、中小企業であれば100万円の助成を受けることができます。

トライアル雇用の企業側デメリット


人材育成にかかる労力が大きい
技能や知識が不足した労働者を雇用するため、労働者の教育・育成に手間がかかります。そのため即戦力となる人材を必要としている場合は、この制度の利用に向いていません。

トライアル雇用の労働者側メリット


1.選考のハードルが低い
業務の経験や知識がなくとも応募することができ、企業側もそれについて了承済みであるため、一般的な選考に比べてハードルが低いといえます。また、書類選考がないため、履歴書作成の手間もかかりません。

2.技能やノウハウを習得することができる
トライアル雇用による就労を通して、技能やノウハウを習得することができます。

3.職場環境を理解した上で、就職することができる
トライアル雇用を活用することで、正規雇用される前に企業の職場環境を知ることができます。一般的な求人サイトを用いて就職した場合は、入社後に実状とイメージの間にギャップが存在して長続きしない可能性があります。しかし、トライアル雇用では試用期間存在するため、納得した上で職場を選択することができます。

トライアル雇用の労働者側デメリット


正規雇用されない可能性がある
トライアル雇用では、必ず正規雇用をされるわけではありません。そのため、試用期間の終了と同時に解雇される可能性があります。

まとめ


トライアル雇用を利用することによって、企業側と労働者側の両者が合意のもとで労働者を採用することができます。そのため、入社後にイメージと違ったという理由で、労働者が退職するリスクを回避することができます。人材の採用を考えているようであれば、ぜひトライアル雇用を活用することをおすすめします。

この記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

SHARESとは
現在1,500社以上のお客様にご利用いただいている
日本最大級の専門家相談サービスです。

月額費用ゼロ、手数料ゼロ、最短30分で無料見積

専門家からシステム利用料をいただくモデルですので、
月額費用、手数料などは一切かかりません。
実際に仕事を依頼した際に専門家への支払いが発生します。


SHARESトップページはこちら
依頼できる内容一覧はこちらをご確認ください。

関連記事