ロゴマークは重要?商標登録のメリットとデメリット

ロゴマークは、名刺、企業HP、看板、広告、領収書等の伝票類など、さまざまな利用ケースがあり、企業が経営を行っていく上で、必要不可欠なものです。

ロゴマークとは


ロゴマークとは、企業やブランドのイメージを図案化して、わかりやすいメッセージとして社会と共有するためのものです。つまりロゴマークを見た人は、そこから企業のイメージを持つことになる、ということです。

ロゴマークという言葉と混同されがちなものとして、ロゴタイプとシンボルマークがあります。シンボルマークは、会社や団体などを表す図柄的なマークのことです。一方でロゴタイプは、図案化された文字のことで、主に団体名や商品名に使われおり、このロゴタイプとシンボルマークを合わせて図案化したものがロゴマークです。

ロゴマークの効果


ロゴマークによって企業に与える効果は以下の3つに分けられます。

1.「企業理念」、「ビジョン」をイメージとして発信
企業は、ロゴマークをコーポレートアイデンティティと呼ばれる、企業の存在価値を高めていく戦略の一環として利用しています。ロゴマークは、企業の持つビジョン、企業理念をイメージとして持たせる効果があるのです。

2.企業のイメージアップと信頼の獲得
消費者が商品・サービスを見た際に、ロゴマークがない場合や見た目が悪い場合、その企業や商品・サービスに対してのイメージダウンに繋がってしまいます。ロゴのない企業に対しては、消費者は不信感を抱き、商品・サービスについても不安に感じてしまうのです。

3.認知・記憶してもらうためのタッチポイント
ロゴマークは企業や商品・サービスの「顔」となるものです。また、視覚的に強い印象を与えることができるため、ただ社名を見ただけに比べて人の記憶に残りやすいという効果もあります。ロゴマークは、その企業を認識し記憶するためのカギとなるのです。

ロゴマークは商標権であって著作権ではない


ロゴマークは、発明や創作によって生み出された知的財産の一つで、商標権に分類されます。たまに、ロゴマークは著作権によって守られる財産であると勘違いをされる方もいらっしゃいますが、ロゴマークの権利は知的財産権の中にある商標権によって保護されます。
知的財産権は、私たちの生み出したアイデアを守り、運用していくための権利で、以下の表のように分けられています。

制度保護対象
知的財産権産業財産権商標権自分の扱う商品・サービスを、他のものと区別するためのもの
意匠権物の形状、模様などのデザイン
特許権発明と呼ばれる、新技術を用いて社会に有用な働きをもたらすもの
実用新案新発想により改善されたもの
著作権文学、学術、美術、音楽などの芸術分野のもの
商号権会社名
その他の知的財産権


商標権は、産業財産権の中に分類され、自分の取り扱う商品・サービスを、他社の商品・サービスと区別するために用いられます権利です。また、商標権者以外は、類似する商標でも勝手に利用することができなくなります。
自社のロゴマークのデザインを保護したい場合は、著作権ではなく、商標登録をする必要があるのでご注意ください。(参照記事:「3分で解決!知的財産権を種類別に解説!」)

ロゴマークを商標登録する意味はあるのか


ロゴマークを商標登録するメリットとデメリットについて見ていきます。

◇メリット

■ 他社によって、不正利用・類似のロゴマークを利用されるリスクが減る。
自社のロゴマークまたは類似するものを、他社によって利用されることで、自社の企業イメージが低下してしまうケースが存在します。このとき、商標登録をしていれば、商標権の侵害として他社の不正利用を止めることができます。

■ 自社のロゴマークを安心して使い続けられる。
例えば、自社があるロゴマークを商標登録せずに利用していた場合、後から類似のロゴマークを利用した会社に、先に商標登録をされてしまえば、自社のロゴマークを利用する権利が奪われてしまうのです。しかし商標登録をしておくことで、安心して継続的にロゴマークを利用することができます。

◇デメリット

■ 費用が掛かる
商標登録をするためには、申請時に出願料がかかります。出願をしても特許庁から拒絶理由通知が来るというケースも多々あり、再度申請にも費用が掛かってしまいます。
出願料 : 3,400円 + ( 区分数 × 8,600円 )
※ 区分数についてはこちら

また、商標登録の存続期間の更新の際にも費用が掛かります。更新を行わなければ、商標に関する権利が失われてしまうので注意が必要です。

まとめ


ロゴマークは、企業の存在価値を高め、企業のイメージアップや認知につながる大切なものです。商標登録をするには費用が掛かりますが、自社のロゴマークを今後も安心して利用していくために、この機会に商標登録について検討されることをおすすめします。

この記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

SHARESとは
現在1,500社以上のお客様にご利用いただいている
日本最大級の専門家相談サービスです。

月額費用ゼロ、手数料ゼロ、最短30分で無料見積

専門家からシステム利用料をいただくモデルですので、
月額費用、手数料などは一切かかりません。
実際に仕事を依頼した際に専門家への支払いが発生します。


SHARESトップページはこちら
依頼できる内容一覧はこちらをご確認ください。

関連記事