3分で解決 ! 契約書リーガルチェックのポイント

リーガルチェックとは


リーガルチェックとは、作成した契約書が法的に妥当であるか、リスクが存在しないかをプロである専門家にチェックしてもらうことをいいます。

契約書に不備がないか、自社にとって不利となる条件が書かれていないかということもチェックしてもらうことができます。

リーガルチェックのメリット・デメリット


しかし、わざわざリーガルチェックを受ける必要が本当にあるのか。リーガルチェックのメリット・デメリットを挙げることで考えてみましょう。

■ メリット
①トラブルを未然に防げる
②自社の利益を守れる

契約書のリーガルチェックを行うことで、表現が曖昧な書き方をされている箇所を修正することができます。契約書の内容が不明瞭なためトラブルが起きるというケースが多々あります。また、法令の改正により、契約が無効になったり、損害賠償請求に発展するケースも存在します。このようなトラブルを未然に防げるのがメリットの1つです。

2点目としては、自社にとって不利な契約内容を発見することができる点です。専門的な知識を持つ第三者にチェックをしてもらうことで、見落としていた問題が発見できます。

このようにリーガルチェックのメリットだけを見ると、契約書作成をするならリーガルチェックを受けた方がよさそうに見えますね。では次にデメリットについても見ていきましょう。

■ デメリット
①費用がかかる
②時間がかかる

これは当然と言えば当然ですね。専門家の方にリーガルチェックを依頼するわけなので、ある程度の費用がかかってしまいますし、「リーガルチェックを行う」という工程が一つ増えるのでその分契約書作成に時間がかかってします。

しかし当然のこととはいえ、重要な問題でもあります。
もし契約書作成に期限があれば、時間というコストがかかってしまうのは大きな問題です。ですから、契約書作成をするがあらかじめわかっているようでしたら、早めに作成に取りかかることをお勧めします。

また代替案として、最初から専門家へ契約書作成の依頼をするという方法もあります。しかしこの場合、費用がリーガルチェックに比べてかかるので、ご注意ください。

実際にかかる費用は契約書のボリュームによって変動するケースが多いですが、簡単なリーガルチェックであれば数万円程度の費用でチェックしてもらうことが可能です。問題が起きてしまった際の対応コストと比較すればかなり安価ですので、事前に専門家にチェックを依頼することをおすすめします。

リーガルチェックの重要性


費用や時間を要してまで、リーガルチェックを受ける必要があるのかと疑問を唱える人もいると思います。リーガルチェックの持つ4つの役割を紹介することで、リーガルチェックを受けることの重要性について解説していきます。

1.契約内容に合った契約書の作成


多くの中小企業では、ネット上にアップされているひな形を用いて、契約書を作成しているケースが多いと思われます。確かに、ひな形を用いることで容易に契約書を作成することができますが、往々にしてそのように作成された契約書は、契約内容に合っていないものが多く、契約書としての役割を果たしません。

契約書の中に入れる必要がある項目は、結ぶ契約の内容によって大きく異なります。ひな形の中に、自社がおこなう契約内容にあった項目が必ず含まれているという保証はありません。リーガルチェックを専門家にしてもらうことで、ひな形を用いたために見落とされてしまっていた重要な項目を確認することができ、自社の契約内容に合った契約書を作成することができます。

2.契約内容を明確化


契約書のリーガルチェックをおこなうことで、契約内容を明確にすることができます。契約内容が曖昧であると、双方にとって都合が良いように解釈されてしまう恐れがあり、これにより、契約後に認識の不一致が発生して、トラブルへ発展してしまうケースが多々あります。リーガルチェックをおこなうことで、契約条項の中で曖昧な記述がされている部分を見つけ出し、明確な内容へと修正することができます。

3.自社にとって不利となる項目の発見


相手方から提示された契約書の内容をよく確認せずに押印してしまっている、というケースが多くあります。相手方が作成した契約書は、自社にとって不利となるような項目が含まれている可能性があります。リーガルチェックをしてもらうことで、見落としてしまっていた自社にとって不利な項目を見つけ出し、削除をすることができます。

4.相互の利益のバランスを取る


契約を結ぶ際に、どうしても自社が利益を享受することばかりを考えてしまい、相手側に不利な項目を多く含んだ契約書を作成してしまうことがあります。しかし、契約書を作成する際に重要となるのは、自社に有利となる項目を盛り込むことではなく、相互の利益のバランスを取ることです。

契約は企業間の信頼関係を構築をする上で、非常に重要な役割を持っています。そのような契約で、自社にばかり有利な項目を盛り込んでしまえば、相手方からの信頼を失ってしまい、長期的な取引をおこなうことができません。リーガルチェックをおこなうことで、企業間のバランスを適切に保った契約書を作成することができます。

リーガルチェックの種類


リーガルチェックはそれほど高額の費用がかかるものではありません。契約書のボリュームにもよりますが、数万円程度でチェックが可能です。
下記も参考にしていただきつつ、お気軽にご相談ください。

種類概要
英文契約書 ・英文契約書の読解や作成をするにあたっては、単に英語を日本語に訳すということではありません。英米法の基礎的な考え方を知らなければ契約書の用語の本当の意味やリスクを理解することが難しいです。このようなことから、英文契約書は作成が非常に難しいとされています。

英文契約書のリーガルチェックを
専門家に依頼する(見積無料)

プライバシー
ポリシー
・プライバシーポリシーとは、収集した個人情報をどう扱うのか(保護するのか、それとも一定条件の元に利用するのか)などを、管理者が定めた規範のことです。

・プライバシーポリシーについては漠然とした定め方から細かく規定する方法まで様々に分かれます。

プライバシーポリシーのリーガルチェックを
専門家に依頼する(見積無料)

利用規約契約書 ・利用規約とは、ルールです。その利用規約に同意した人との間では、運営者とユーザーそれぞれを拘束する規約となります。

・利用規約をきちんと作らないと、会社が倒産するようなリスクがあります。利用規約は調べればご自身でも作成ができるため専門家に依頼されない方もいますが、さまざまなリスクを考えると専門家に依頼されるのがベストです。

利用規約のリーガルチェックを
専門家に依頼する(見積無料)

秘密保持契約書 ・秘密保持契約書とは、契約先あるいは自社の機密情報を扱う場合に締結する契約書です。

・相手方に機密情報を開示しなければ契約締結の交渉や業務の説明が難しい場合に、事前に秘密保持契約書だけ結んで置くといった事は一般的に行われています。

秘密保持契約書のリーガルチェックを
専門家に依頼する(見積無料)

業務委託契約書 ・業務委託契約書とは、特定の仕事を行うことを目的とした契約です。

・個別の案件・業務内容について取り交わすのが業務委託契約書になります。

業務委託契約書のリーガルチェックを
専門家に依頼する(見積無料)

業務提携契約書 ・業務提携契約書とは、会社間でお互いに得意な分野で提携したり、業務の一部を他社に委託するときに締結する契約書です。

・当ツールでは単純に「商品」を販売する会社と製造する2社が、製造と販売をそれぞれが担当するという内容の契約書となっております。

業務提携契約書のリーガルチェックを
専門家に依頼する(見積無料)

売買契約書 ・売買契約書とは、売り手と買い手の間で、商品やサービスの取引に関しての約束事(取引や支払いの条件等=いつ、何を、どれだけ、いくらで売るのか)を書面にしたものです。

・事前にお互いが合意した売買の条件を明確にし、合意の上で取引をすることを目的とします。

売買契約書のリーガルチェックを
専門家に依頼する(見積無料)

システム開発委託契約書 ・システム開発を委託するための契約です。

システム開発委託契約書のリーガルチェックを
専門家に依頼する(見積無料)

その他契約書 ・テンプレートを使用している場合は、契約書として役に立たない場合があります。

・専門家によるチェックは、トラブルを未然に防ぎ、利益の最適化を図る上で必要なものであるといえるでしょう。

その他契約書のリーガルチェックを
専門家に依頼する(見積無料)





英語や中国語など、海外企業との契約書締結に関する注意点


近年、グローバル社会で海外企業との取引が増えるに伴い、英語や中国語など、外国語での契約書締結も増えてきました。SHARESでも毎月多くの海外企業との契約書作成のご相談をいただきます。

特に契約社会と言われる海外企業との取引、契約時に明記していない役務は提供されないという事も十分起こりうる可能性があります。その国で一般的な書き方なども認識した上で作成や確認する必要があります。

海外企業との契約書の作成経験が豊富な専門家であれば、その国の文化や国民性なども理解した上で作るのでそのようなトラブルを防げる確率が高くなります。慣れない英語に苦労した上、後で契約書について後悔する。。。 などという事が起きないよう、自信がない時は外国語や海外企業とのビジネスが得意な専門家に相談するとよいでしょう。


リーガルチェックの費用相場


「リーガルチェックは費用が高そう…」などと思う方も多いかと思いますが、実は数万円から依頼をすることができます。

(1)定型的な取引におけるシンプルな契約書の場合
アドバイスを含むリーガルチェックのみの費用で1万円〜5万円程が相場となります。

(2)取引の内容に応じた非定型の契約書の場合
契約書に記載する条項数が多く取引の内容が複雑な場合は、アドバイスを含むリーガルチェックになります。費用は5万円〜10万円程が相場です。

※ここでご紹介するのはあくまでも相場となります。詳細な費用についてはご依頼の前にご確認下さい。


まとめ


ご不明な点がある場合は、専門家にご相談されることをおすすめいたします。
SHARESにはリーガルチェックに強い先生が多数在籍しています。
お気軽にご相談下さい。

参照 : SHARES HP

この記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます