知らないと損する!金利0%で銀行融資を受ける裏ワザ

現在、銀行から融資を受けると2~3%の金利がかかります。できるだけ金利は抑えたいものです。そこでおすすめなのが、市区町村の「融資あっせん制度」。この制度を使えば、金利 0%での借入れも可能なのです。

市区町村が創業を応援!「融資あっせん制度」


市区町村にとっても、地域で皆さんが創業すれば税収も増えて、雇用もうまれるという利点があります。つまり、「市区町村として、創業を応援しますよ」という制度なのです。

この制度のポイントは、あくまでも融資は市町村ではなく銀行が行うこと。つまり、市町村は銀行向けに「融資あっせん書」を出すという仕組みで、融資あっせん書があれば必ず融資を受けられるとはかぎりません。

下記の東京港区の例を見てみましょう。まず、創業希望の申込者が港区に「あっせん申し込み」をし、区から「あっせん書の交付」を受け、次に銀行へ融資を申し込むという流れになります。

融資あっせん制度(港区)
(参考例:港区)

また、この制度を利用すると、金利の補助以外にも、様々なメリットを受けられます。

メリット① 無料で中小企業診断士の経営指導が受けられる
あっせん書をもらうために、市区町村が依頼した中小企業診断士の先生が、皆さんの事業計画を見て、様々なアドバイスをしてくれます。

メリット② 金利の100%を補助してくれることも
融資の金利を市区町村が補助してくれます。補助の範囲は市区町村によって違いますが、金利の100%を補助する市区町村もあります。

メリット③ 保証料の補助を補助してくれることも
銀行(保証協会)から融資を受けた場合、金利のほか「保証料」というものを支払う必要があります。その保証料を補助してくれる市区町村もあります。

この融資あっせん制度は、絶対に使ったほうがお得です!

創業する場所が決まったら、その地域の市区町村のホームページをチェックしましょう。

あっせん制度の諸条件は、市区町村によって異なる


下記が、東京23区の創業融資のあっせん制度一覧です。

区によって、諸条件も異なりますので、まずはご自身の地域をチェックしてみてください。

地域 種類 金利 詳細
千代田区 起業資金 本人負担金利0.5%、保証料全額補助 詳細
中央区 創造支援資金 本人負担金利0.4%、保証料2/3補助 詳細
港区 創業支援融資 本人負担金利0.4% 詳細
新宿区 創業支援融資制度 本人負担金利0.7%以下、保証料1/2補助 詳細
文京区 創業支援資金 本人負担金利0% 詳細
台東区 開業支援資金 本人負担金利0.5%、保証料全額補助 詳細
墨田区 チャレンジ支援資金 本人負担金利0.2%、保証料全額補助 詳細
江東区 創業支援資金融資 本人負担金利0.5%、保証料全額補助 詳細
品川区 創業支援資金 本人負担金利0.3%、保証料全額補助 詳細
目黒区 創業支援資金融資 本人負担金利0.3%以下、保証料全額補助 詳細
大田区 開業資金 本人負担金利0% 詳細
世田谷区 創業支援資金 本人負担金利0.3%、保証料補助なし 詳細
渋谷区 創業支援資金 本人負担金利0.4%、保証料30万円まで補助 詳細
中野区 創業支援資金 本人負担金利0.4% 詳細
杉並区 創業支援資金 本人負担金利0.5% 詳細
豊島区 起業資金 本人負担金利0.25%、保証料補助なし 詳細
北区 起業家支援資金 本人負担金利0.3%以下、保証料1/2補助 詳細
荒川区 創業支援融資 本人負担金利0.5%、保証料全額補助 詳細
板橋区 創業支援融資 本人負担金利2割負担(8割区負担) 詳細
練馬区 創業支援貸付 本人負担金利0.4% 詳細
足立区 創業資金 本人負担金利1/3負担(2/3区負担)、保証料2/3補助 詳細
葛飾区 起業家支援 本人負担金利0.3%、保証料30万円まで補助 詳細
江戸川区 創業支援資金融資 本人負担金利0.5%、保証料全額補助 詳細


資金調達のご相談はSHARESをご利用ください。無料お見積はこちらから

この記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

SHARESとは
現在1,500社以上のお客様にご利用いただいている
日本最大級の専門家相談サービスです。

月額費用ゼロ、手数料ゼロ、最短30分で無料見積

専門家からシステム利用料をいただくモデルですので、
月額費用、手数料などは一切かかりません。
実際に仕事を依頼した際に専門家への支払いが発生します。


SHARESトップページはこちら
依頼できる内容一覧はこちらをご確認ください。

関連記事