外国人雇用」に関する記事

外国人雇用(外国人就労ビザ)とは

2017年1月に日本の外国人労働者が100万人を突破しました(厚生労働省発表)。 特に「高度人材」と言われる専門的・技術的分野に従事する外国人が増えており、インバウンド対応、海外展開など、様々なシーンで海外人材が活躍しています。 そんな彼らが働く際に必要なのが、就労ビザ(在留資格)です。 申請時の不備などで却下された場合は雇用ができなくなってしまいますので、外国人材の雇用を検討中の方はまずは行政書士に相談することをおすすめします。
外国人雇用(ビザ)について専門家に相談する(見積無料)