起業」に関する記事

会社設立(起業)とは

新たに事業を起こすことを表し、創業とも呼ばれます。 起業のうち、1.独立性、2.新規性、3.開発志向、4.成長性を有する事業を特にベンチャーと呼ばれています。 起業時は登記、開業届、社会保険の加入、事業に合わせた契約書の作成など、専門知識を要する多くの準備が必要です。 創業時は事業の成長を考える時間をより多く確保することが非常に重要ですので、困ったら無理せず専門家に相談するとよいでしょう。
会社設立(起業)について専門家に相談する(見積無料)