「業務委託契約書」「業務提携契約書」の違いと正しい雛形テンプレートの使い方
法務


正しいテンプレートの選び方


「業務委託契約書 業務提携契約書 雛形 テンプレート」と検索すると、契約書の雛形やテンプレートがダウンロードできるサイトがたくさん見つかります。

しかし、どのテンプレートを使用しても良いというわけではありません。
誤ったテンプレートを使用したために、かえってトラブルになったり不利益をこうむったりした。。という話はよくある話です。

正しい業務委託契約書、業務提携契約書を選び、使うには、どうしたらよいのでしょう ?


業務委託契約と業務提携契約の違い


まず、業務委託契約と業務提携契約の違いは何でしょうか ?

業務委託契約とは、
■ 「ある一定の業務を、委託者が受託者に対して委託する契約」
■ 「ある目標の達成に向けて2社(複数)間で協力し合うことを約する契約」のことです。

この2つの契約は、ビジネス契約においてたいへん多く用いられる契約です。
一口に「業務委託」「業務提携」といっても内容は実にさまざまです。

メーカーなどが自社商品の販売や製造などを他社に行なってもらう販売店契約・OEM契約もあれば、個人事業主間の取引、企業間の取引などもあり、その種類と範囲は多岐にわたります。

契約書のテンプレートをインターネットで検索すると、無料で利用できるものが見つかりますが、果たしてどのテンプレートでも好きなものを使って良いのでしょうか ? 次項で確認いたしましょう。


無料で利用できるテンプレートで好きなものを使って良いのか


答えは「NO」です。

インターネット上に公開されている契約書のテンプレートを使い、安易に作成した結果、本来あるべき条項がなかったり、逆にあるべきではない条項が含まれていたりすることで、せっかくの契約がトラブルの原因になってしまいます。

そうなっては何のための契約書なのか分かりません。


正しいテンプレートを使用する


では、正しいテンプレートはどこで手に入るのでしょうか ?

一番良いのは、もちろん専門家に依頼して、自社の取引内容、現状、意向に沿った契約書を作成することです。

少しでも気になること、不安なことがあれば、契約書の作成やチェックを業務内容としている専門家に相談して、問題を全てクリアにして取引を開始しビジネスに専念するのが最良です。

テンプレートを使用して自分で作成するにしても、こういった事務所で作成されたり、紹介されているテンプレートを活用するようにした方が、出所の分からないインターネット上のテンプレートよりは、いくぶんか安心できると思います。とは言っても、その内容も、自社の都合や取引内容に沿って作られたものではありませんので、その点を再度認識し、十分注意して使用することが大切です。


まとめ


業務提携のあり方は、それぞれの企業によっても、事業の内容によっても異なります。インターネットで見つけたそれっぽい雛形を使って業務提携契約書を作成するのは、あまりにも危険なことであり、その適当な契約書が原因でトラブルになってしまっては、契約書の意味がありません。

インターネット上のテンプレートや雛形の契約書の使用を検討中の方や現在それらをお使いの方でご不安な方は、ぜひ一度契約書の作成を専門とする専門家にご相談ください。

自社にとって少しでも有利に、かつ自社のリスクが回避できるようなしっかりした契約書があれば、安心して事業の発展に専念することが可能です。
この記事がそんな皆様の事業発展の一助になれば幸いです。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。
参照 : SHARES 行政書士 宮原健一朗のページ

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。