「Amazonブランド登録」に必須!? 商標登録のポイントについて解説します
知財


商いをされている方であれば、今や「ネット販売」を検討されたことがないという方は、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。
販売網を持たない個人でも、全国、いやときには国境を越えて商圏を拡大できるわけですからね。

特に、Amazon(マーケットプレイス)のような大手の「電子商店街(サイバーモール)」に出店すれば、集客力も拡大にUP、決済や発送、そもそもウェブサイトの構築・運用コストも削減できますから、ありがたい存在です。

しかし、サイバーモールを利用されている出品者や取引業者の方々(以下、「出品者等」と書きます)が気になるのは、ご自身の商品の「ブランド」についてでしょう。せっかく人気商品に育てたのに、相乗りされたり、自身以外の販路で販売されたりすることに不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そんな方々の不安を軽減してくれるのが、Amazonによる「Amazonブランド登録(amazon brand registry)」という制度です。今回は、その概要と、「Amazonブランド登録」に必須となる、商標登録について、ポイントを説明します。

この記事の目次

「Amazonブランド登録」でできること


Amazonのサイト によれば、 「ブランド登録を行うことで、独自のテキストや画像による商品検索機能や、過去の知的財産権侵害の申し立てのデータに基づいた自動予測を利用できます。」とあります。

ちょっとわかりづらいのですが、出品者等が自身の商品のブランドを登録しておけば、過去の侵害事例と独自の検索機能によって、ブランドが侵害されるような出品事例を、早い段階でチェックすることができるということでしょう。

「また、登録したブランド名に紐づく商品の出品状況を把握したり、商品詳細ページの情報を優先的に変更したりできます。」 ともあり、これは、ブランド登録をした出品者等(以下、「登録者」と書きます)には、登録したブランドの商品情報の強い編集権限が与えられるため、「商品詳細ページの情報を優先的に変更」できるということですね。裏を返せば、”相乗り出品者”に商品情報を書き換えられたりすることを防ぐこともできるはずです。

併せて、「今すぐブランド登録を行って、知的財産権を侵害する商品を減らし、またAmazon上で正しく自社ブランドのイメージが表現されるように一緒に取り組みましょう。」とあることからも、この制度を活用すれば、出品者等のブランド保護において、大変有利な地位を得られることは間違いありません。

他にも、登録のメリットとしては「製品コードなしで該当ブランドの商品を出品できるようになります。」ともありますし、何しろ、登録料も無料ですから、出品者等ならブランド登録を検討すべきですね。

「Amazonブランド登録」するには「商標登録」が大前提


上述のAmazonのサイトによれば、ブランド登録のためには以下の情報の提出が必要です(※2018年2月20日現在)。

●有効な登録商標のあるブランド名
●商標登録番号
●ブランドのロゴ画像
※ブランドが表示されている商品及びパッケージの画像。商品にブランド名が表示されていない場合は、パッケージにブランド名が表示されている必要があります。
●ブランドが出品される商品カテゴリー(例:服&ファッション小物、スポーツ&アウトドア、エレクトロニクス)の一覧表
●ブランドの商品が製造または販売されている国の一覧表

この中で、現在の「ブランド登録」の前身となるの制度(2017年4月頃まで)では必要とされていなかったのが、「2.商標登録番号」なんですね。

この番号はどうやって取得するものかというと、特許庁に、ご自身のブランドを「商標登録」できたときに、得られる番号なんです( ちなみに、商標登録と同時に、「商標権」を取得することになります)。
Amazonサイドとしても、そのブランドの真の権利者を保護すべきですから、その証明として、ブランド登録を試みる出品者が、そのブランドの商標権を持っていることを確認したいというのは、制度上正しい方向性の改正といえます。

ところがひとつ問題は、商標権の取得には時間がかかるということ。
特許庁のサイト によれば、商標登録をするためには、まずは出願(=よく”申請“と通称されますが、正式にはこう呼びます)をし、その後、その登録を認めるかどうかの審査まで、6ヶ月〜8ヶ月かかります(※2018年1月現在)。スムーズに審査を経たとしても、実際の登録→商標登録番号が発行されるには、10ヶ月程度は要します。
まずは、商標登録出願にとりかかるべきでしょう。

商標登録の際に気をつけるべきこと


「Amazonブランド登録」を利用するために商標登録を目指すのであれば、「ブランド登録」が受け入れてくれるような商標を登録しなければなりません (ちなみに、日本の特許庁以外に、アメリカ合州国やEUの各特許<商標> 庁が発行した商標登録番号も対象になりますが、ここでは日本での取得を目指される方を対象に説明しますね)。

日本の特許庁に、登録を受け入れられる商標には、文字、図形、立体的形状、音、色などいろいろあるのですが、「Amazonブランド登録」が、現在認めているのは、以下の2種類の登録商標のみです。

●文字商標(の登録商標)
●文字商標と図形商標(イラストと語句、文字、または数字で構成)を組み合わせた形式(の登録商標)

また、 「その登録商標は、商品/商品のパッケージに印刷されているブランド名と一致していなければなりません。」(上述のAmazonサイトより)。

つまり、出品者が出品している商品に、「ブランド」としてしっかりと表示されている社名や商品名、商品のシリーズ名等の文字(①)か、それらの文字にロゴを組み合わせたような図形(②)を、商標登録する必要があるのです。

例えば、”Amazon”という文字を、フォントなどを指定しない「標準文字商標」として登録すれば①に該当しますし、我々がよく見るロゴになった”Amazon”は、②に該当するのでOK、ということになりますね。

また、「Amazonブランド登録」の登録プロセスでは、商品パッケージの画像のアップロードも必要になりますので、商標登録された商標(ブランド)と、パッケージに掲載されたブランドが一致するかどうかは、厳密にチェックされると考えられます。ブランドのロゴを今後変更するかも…などという場合は、①の(標準)文字商標での登録を目指した方が無難かもしれません。

そして、商標登録では、その商標を「どのような商品に使用するのか」というのを、あらかじめ出願の際に指定しなければなりません(「指定商品」)。「Amazonブランド登録」の際に提出する商品カテゴリーが、商標登録で指定商品となっていないと、これもまたブランド登録が拒絶される原因にもなりかねませんので、注意が必要です。

いずれにしても、適切な商標登録をするためには、自身での出願は大変ハードルが高いといえます。出品者等の事業内容を丁寧にヒアリングして、適切な商標権取得を手助けしてくれる「弁理士」を見つけることが、その第一歩といえましょう。

まとめ


「Amazonブランド登録」の必要提出書類も、今後も訂正される可能性は大ですので、引き続きのチェックが必要です(※例えば、2017年の途中までは、「文字商標」しか認められていませんでした)。

また、基準どおりの商標登録を果たした「はず」の出品者等でも、「『ブランド登録』が認められなかったという例もよく聞きます。またその場合でも、Amazon側は、例えば「商標権者に関する特定情報を確認することができない」等の理由だけで、どこの部分が抵触していたのかの調査内容を開示しないポリシーのため、なかなか対処が難しくなっています。

しかしながら、ひとつ言えることは、まず「商標登録」をしなければ、何も始まらないこと。また、商標登録をして商標権を取得すれば、「Amazonブランド登録」だけでなく、広く一般的にブランドを保護することができる、ということです。これを機会に、ご自身の商品のブランドの、商標登録を考えてみてはいかがでしょうか?

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。