いいネーミング“って何だろう? 弁理士が、ブランド力獲得と商標登録の観点から解説します!
知財


起業すれば、社名はもちろんのこと、商品名・サービス名と、必ず「名前」を考えなければなりませんよね。そして、一度名付けたら、そう簡単には変えられない…そんな「失敗できないネーミング」も、ポイントを押さえて“いいネーミング”が実現できれば、それこそが最高のマーケティングになります。

それでは、“いいネーミング”とは一体何でしょう?コピーライターさんによる指南は多く記されていますが、今回は、その名称を「商標権(登録商標)」として守るお手伝いをする、弁理士の立場から、そのツボをお伝えしたいと思います。

この記事の目次

ネーミングとは“選ぶもの”である


ネーミングというと、どうしても独創的な名称を“考えだそう”、“思いつこう”と思ってしまいがちですが、弁理士は、必ずしもそう考えません。なぜなら、商標を扱う特許庁とか、そもそも「商標法」の考え方は、“商標とは選択物である”というものだからです。

商標登録は原則「早い者勝ち」。即ち、先に同じ商標や類似する商標が、他者により出願又は登録されていれば、その商標は登録できない(=出願しても拒絶される)わけですが、そのとき、特許庁はどういう気持ちで拒絶しているのかというと、「残念でした。でも、別の名称を選んで商標登録して、ぜひあなたの商品等のブランドに育ててくださいね」と思っている(はず!?)なのです。

「いい名前を思いつかなきゃ…」と考えると、ネーミングのセンスが問われるようで緊張してきますが、「他の誰もまだ登録していない名前を、見つけて、選択しよう!」と思うと、少し気楽になりませんか?

ネーミングの選択に必要なこと (1)シンプルであること


手塩にかけて開発された商品とか、苦労を重ねてリリースされるサービスなどは、その理念を込めた商品名・サービス名がもうおありかもしれません。でも、ちょっとだけ立ち止まってください。その名称、未来のお客様達に、正しく読んでもらえそうですか?簡単に覚えてもらえそうですか?

商標権は何のためにあるのかというと、商標(文字名称等ですね)を、商品やサービスに使い続けていかれたときに、その商標に積み重なっていく「ブランド力」を保護するのが、一つの大きな目的なのです。「ブランド力獲得」という観点に立てば、その名称は、

① 耳馴染みが良くて、
② 日本人にとって発音しやすくて、
③ (アルファベットや漢字で記されるものなら)正しく読んでもらえる

ネーミングの選択に必要なこと (2)目印になること


「どんな商品/サービスであるか、名前を見て一目で理解してほしい」という思いから、その品質や用途などを、そのまま商品名・サービス名にしてしまう、というケースも多く見かけます。しかし、これはブランド力獲得の観点からも、商標登録の観点からも、おすすめできません。

もし、その商品等が、それまで市場になかった、全く新しい画期的なものなら、そのような説明的な名称でも、「誰が提供している商品・サービスなのか」覚えてもらえるかもしれません。しかし、多くの場合は、市場にライバルがいるでしょう。未来のお客様達から、他社による競合商品と区別してもらえる名称、即ち、あなたの商品・サービスであることを認識してもらえるような「”目印“となりえる名称」であることが、ブランド力獲得への近道です。

また、商標法上も、商品やサービスの品質・質などを説明するだけの名称は、「記述的商標」と言われ、登録が認められません(例:商品「シャツ」の商標として“特別仕立”)。そのような名称をずーっと使い続け、大量の広告宣伝もして、お客様達にあなたの商品として認識してもらえるようになれば、商標登録可能となる場合もありますが、それは商標登録制度の活用としては、敢えてイバラの道を進むようなものと言えます。

では具体的に、どんなネーミングがいいのか?


「覚えやすい」なおかつ「目印になる」名称といっても、どうしたらそんな名称を“見つける”ことができるんでしょう? オススメの方法が2つあります。

① シンプルな名称同士を組み合わせた「造語」
② まだ日本に入ってきていない「外来語」

の2つです。

まず、①の「造語」ですが、例えば商品の要素になっているものの名称そのものでも、いくつかを組み合わせると、一度聞いただけでは何のことかわからない、でも発音しやすく(、そして、一度使ったら、商品の内容とリンクすることが理解できて)覚えやすい名称になったりします。このような名称は、他の商品とも区別できるので、商標登録もされやすくなります。

また②の外来語もオススメです。仮にその商品の品質などに由来する言葉だとしても、日本でなじみのない言葉であれば、日本ではその商品の“目印”として機能するので、商標登録される可能性も高いです。「外来語辞典」などにヒントがあるはずです。マイナーな外国語のほうがいいですが、メジャーな英語やフランス語などでも、その単語(の意味)が日本で一般的になっていなければ、登録できる可能性はありますよ。

やはり大事なのは「商標調査」!


一般的に言って、「覚えやすく、それでいて目印となる」“いいネーミング”であるほど、既に商標登録されている可能性は高いといえるでしょう。だからこそ、重要となるのが、先に出願・登録されていないかどうかの「商標調査」です。

これはやはり、専門家である弁理士に依頼することをオススメしますが、「いくつものネーミングを千本ノックのように考えたい」という方なら、商標調査費用が安い弁理士(「無料」をうたう事務所もありますね)がいいでしょうし、「既に思いついている名称を、なんとか登録したい」「ネーミング段階から、商標登録も見据えて一緒に考えてほしい」という方なら、コンサルティングが丁寧な弁理士との相性がいいでしょう。プロのコピーライターとのコラボをしている事務所もありますから、ぜひ検討してみてください。

「自分にはネーミングのセンスがない!」「いい名称は、もう残ってない!」 なんてあきらめないでください。文字や名称は、その際限が見えないほどの可能性を秘めた“選択物”です。そんな中から、上述の手段もご参考にしていただいて、ぜひ、あなたの商品・サービスにふさわしい名称と、出会ってくださいね。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。