意匠権とは何か?6つの実例入りで解説します
知財


この記事の目次

初めての意匠権

1. 意匠権とは

意匠は、物品の外観・機能を探求するものです。優れた意匠は、プロダクト/サービスの競争力を向上させる大きな要因の一つです。 しかし、その外観は誰でも簡単に認識できるので、特許等と比べて極めて容易に模倣することができます。これでは、苦労して創作した意匠でもすぐに他者に模倣され、不当競争などを招き健全な産業の発展に支障を来すこととなります。

そこで、意匠制度は、新しく創作した意匠を創作者の財産として保護する一方、その利用も図ることを定めて、これにより意匠の創作を奨励し、産業の発達に寄与しようというものです。

2. 意匠法の保護対象

(1) 物品(物品の部分を含む)の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であって視覚を通じて美感を起こさせるもの(第2条)
ただし、物品の外観に現れないような構造的機能は保護の対象となりません。

(2) 工業上利用できる意匠(第3条)
以下のものは工業上利用できないので、意匠登録の対象外です。

●自然物等を意匠の主体に使用したもので量産できないもの(自然石をそのまま置物としたもの、打ち上げ花火のせん光等)
●ビルなどの不動産
●絵や彫刻といった純粋美術の分野に属する著作物



審査基準、判例等から、意匠法の保護対象は、以下の要件を満たす必要があります。

3. 意匠登録までの流れ&料金

意匠権を取得するためには、図面と願書を準備して特許庁に出願することから始まります。その後、「上述の保護対象であるか?すでに知られたデザインでないか?」等について審査されます。
そして、審査に通れば晴れて登録となりますが、審査で落とされると、「拒絶理由」が通知されます。これに対し、意見書・補正書を提出して反論し、認められてばようやく登録になります。

初めて意匠登録出願される方のために、意匠登録までの流れと、各手続きにかかる料金(一例として当所(特許業務法人IPX)料金を記載)をまとめたものが以下の図です。

意匠権を取得することのメリット&破壊力

1. メリット:意匠権の効力

・・・意匠権の効力・・・

【独占・排他権】
登録意匠と同一/類似の意匠について、独占的に実施することが認められます。また、第三者による登録意匠と同一/類似の物品に係る同一/類似のデザインを有する製品の実施を排除できます。

・・・他社への権利行使・・・

【差止請求権】
第三者による登録意匠と同一/類似の意匠の実施を差し止めることができます。また、侵害者に対して、意匠権を侵害する侵害品を破棄するように請求することができます。さらに、侵害品の製造設備の除去等を侵害者に対して請求することができます。差止請求権は最も強力な権利であり、第三者に対する牽制効果は抜群です。

【損害賠償請求権】
侵害者に対し、侵害発生時~現在に至るまでの損害賠償を請求することができます。差止請求権は将来における侵害の除去であるのに対し、過去~現在までの逸失利益を補填するのが損害賠償請求権です。なお、損害賠償請求には3年の時効がありますので、侵害品を発見した場合には、早期の対応が望まれます。侵害の事実を発見した場合には放置しないように注意が必要です。

2. 破壊力

(1) 侵害の発見が極めて容易
「外観デザイン」保護する権利ですので、第三者による模倣を発見しやすいことが意匠権の最大のメリットです。特許と異なり、市場に出た時点で被疑侵害者を特することが可能です。

(2) 巨額の損害賠償&差し止め
Apple vs Samsung の知財訴訟において、Appleの3件の意匠権(Design Patent)を侵害したとして、Samsungに対して約¥500億の損害賠償請求が認められました。

実例入り!“6つ”の意匠権

意匠権には、特許や商標にはない独自の制度が存在します。以下、それぞれについて、実例を交えて紹介しまます。

“6つ”の意匠権

0.全体意匠:最も基本的な全体デザインの保護

<概要>
最も一般的な意匠権です。物品全体の外観を保護することができます。

<保護対象>
物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるもの

<メリット/デメリット>
・メリット :権利化しやすい
・デメリット:意匠全体として権利が成立するので、一部を変更した他社の模倣品に対して権利行使が困難となる場合がある

1.部分意匠:デザインの一部の保護

<概要>
画面デザイン(UI、アイコン)を保護することができます。

<保護対象>
物品の操作の用に供される画像であって、物品又はこれと一体として用いられる物品に表示されるもの

<メリット/デメリット>
・メリット :以前は保護されなかった画面デザイン(UI、アイコン)を保護可能
・デメリット:特になし
・その他 :物品に記録されていない画像(例:外部サーバに記憶された画像を単に表示するにすぎないもの)は保護対象外

2.画面意匠:スマートフォン等の画面デザインの保護

<概要>
関連する意匠群を、関連意匠としてまとめて保護することができます。

<保護対象>
自己の意匠登録出願に係る意匠または自己の登録意匠のうちから選択した一の意匠(本意匠)に類似する意匠

<メリット/デメリット>
・メリット :独自の権利が認められ、「本意匠には類似しないが関連意匠に類似する」他社製品に対して権利行使ができる
・デメリット:特になし

3.関連意匠:1つのコンセプトから派生したバリエーションの保護

<概要>
関連する意匠群を、関連意匠としてまとめて保護することができます。

<保護対象>
自己の意匠登録出願に係る意匠または自己の登録意匠のうちから選択した一の意匠(本意匠)に類似する意匠

<メリット/デメリット>
・メリット :独自の権利が認められ、「本意匠には類似しないが関連意匠に類似する」他社製品に対して権利行使ができる
・デメリット:特になし

4.組物の意匠:システムデザインの保護

<概要>
全体として統一がある組物を、システムデザインとして保護することができます。

<保護対象>
同時に使用される二以上の物品であって経済産業省令で定めるもの(組物)を構成する物品に係る意匠

<メリット/デメリット>
・メリット :一つ一つには特徴がなくても、全体としてまとまった特徴があれば登録される
・デメリット:部分意匠及び分割ができない
・その他 :経済産業省令で定める56種類以外の組物は認められない

5.動的意匠:機能に基づく“動き”の保護

<概要>
形状が変化する物品について、変化の前後の状態を一つの権利として保護することができます。

<保護対象>
形状が変化する物品に係る意匠

<メリット/デメリット>
・メリット :変化の前後の状態を一つの権利として保護可能
・デメリット:特になし
・その他 : 「意匠に係る物品の説明」に動的意匠であることを記載するとともに、意匠の変化の前後の状態が分かるような図面を作成する必要がある

6.秘密意匠:登録から最長3年間、デザインを秘密にする

<概要>
意匠公報の公開時期を、意匠登録の日から最長3年間遅らせることができます。

<保護対象>
あらゆる意匠

<メリット/デメリット>
・メリット :新製品の発表時期まで意匠の内容を秘密にできる
・デメリット:特になし
・その他 :侵害者の過失の推定規定(意匠法40条)が適用されない

まとめ

デザインは物品の外観に現れるので、特許と比べて模倣が容易です。近年のプロダクトは機能に加えてデザインが極めて重要な要素となっており、自社で苦労して開発したデザインを他社に模倣されるのは面白くないでしょう。
それを防止するために、まずは意匠権の取得を目指しましょう。あわせて、意匠権には6つの種類がありますので、いずれの制度を利用するか、まずは専門家に相談されるとよいでしょう。

不明な点や疑問点は、お気軽にご相談ください。
参照 : SHARES 弁理士 押谷 昌宗のページ

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。