「商標登録」をしておくメリットとは? “攻め”と”守り”の観点から、弁理士が解説します
知財


「商標登録」という言葉を聞いたり、商標登録された証である「®マーク」がついたロゴなどを見たり、あるいは「商標権侵害!」というニュースを読んだりすると、事業をされている方であれば、「あれ、自分は商標登録しなくていいのかな?」と思われることでしょう。

一方、手続きも面倒そうだし、弁理士に依頼するにしても無料というわけにはいかないし…ということで、「本当に商標登録する必要なんてあるのかな?特にしなくても、今まで困らなかったしな」と判断される方も多いと思います。

実際、私ども弁理士から見て、明らかに商標登録をされたほうがいい状況なのに、後者の判断をされてしまう事業者の方も多く拝見します(もちろん、なんとかご理解いただいて、出願いただけないのは、私の力不足でもあるのですが…)。しかし、商標制度を活用しなかった場合に、最終的に最も不利益を被られるのは、実際に事業をされている皆様です。今回は、敢えて大原則 「なぜ商標登録をするのか」、つまり商標登録のメリットについて、考えてみようと思います。

この記事の目次

なぜ商標登録するのか〜”守り“の理由

これは比較的よく説明される理由です。事業を安心して営むための「保険」のようなニュアンスでしょうか。

社名や商品・サービス名を商標登録すると、「商標権」が得られるわけですが、商標権は非常に強い権利で、他者が同一または類似の名称等を(取得した商標権の商品等の類似範囲で)使用することを、禁止することができます。

人気となっている御社の商品名や、それと間違ってしまうような類似した商品名などを使用して、ブランド力への「ただ乗り」を企む第三者を、もし商標権なしで排除しようとすると、(「不正競争防止法」等に基づく)裁判ベースになりますので、弁護士費用はもちろんのこと、御社のブランド価値を証明するための知名度アンケートの費用など、かなりの金額がかかります。
この点、御社が適切に商標権を取得していれば、それを元に「使用の差止」を請求することで、一発で解決するのです。

しかし、この観点で説明していくと「うちは事業をそんなに拡大する気もなくて、こじんまりとやっていくから、大丈夫ですよ」とおっしゃる方がいます。

でも、この「商標権」の強さを逆に考えてみてください。ある日突然、知らない人から連絡があって、「御社の社名や商品名を『使わないでください』と言われてしまうことがありうる」ということです。

他者が、御社の社名や商品名など同じか、あるいはそれと類似する名称を「先に」商標登録してしまうと、商標権は日本全国に効力を持ちますから、御社がたとえ、こじんまりと経営されていても、その商標権者から、その名称を使用しないように「差止」を請求されたら、ほぼ反論ができませんので、結果として、名称の変更を余儀なくされます。

そして、皮肉なことに、シンプルで覚えやすい、つまり「いいネーミング」であるほど、そのリスクは高く(…多くの人が思いつき、そして使いたがりますからね)、「自分が先に思いついたんだぞ!」と思っても、原則、商標登録は「早く出願したもの勝ち」である以上、(先に使い始めていて、さらにかなり有名になっているなどの要件を満たさない限り)差止に従うしかないわけです。

ウェブサイトや名刺などを作り直すだけでも結構なコストになりますが、これが看板だったり、商品パッケージまで修正となると、かなりの痛手です(場合によっては、損害賠償を請求されることもあります)。

しかし、一番のダメージは、事業や商品の販売・サービスの提供をする中で、社名、または商品名に着実に積み重なっていたはずの「ブランド力」、「ブランド価値」を失い、またそれを一から、新ブランド名にて獲得することに挑まなければならないということにあります。もう、(実際の商品やサービスは全く同じでも)イチから出直しぐらいのショックがあるのではないでしょうか。

なぜ商標登録するのか?〜”攻め“の理由

上述の “守り“的なメリットを説明しても、「うーん、今まで大丈夫だったからな。もしそうなったら、そのときに考えますよ」というタイプの事業者の方もいらっしゃいます。生命保険などもあまりお好きでない方なら、そう思われても仕方がないかもしれません。

しかし、商標登録をするということは、(ときには掛け捨てですらある)保険に加入することとは異なります。「商標権を得て、それを御社の資産・財産にしていく」という“攻め”の理由もあるのです。

先程も触れましたが、御社(あ、個人事業主の方も)が、その業界において、いい商品やサービスを提供し続けていらっしゃるなら、既に実績・信用を獲得されているはずです。そして、それはいつの間にか「ブランド力」となって、事業者の分身ともいえる社名や商品名・サービス名(あるいはロゴ)などに、積み重なり続けています。この「ブランド力」は、明らかに御社の財産です。しかし、形もなければ目にも見えません。

こうしたぼんやりとした、しかし確実に存在する「ブランド力」というものを、はっきりとした形で事業の資産・財産とする方法こそ、商標登録による「商標権の取得」なのです(そして、同様のメリットを得る方法は、他にほぼないと言えるでしょう)。

「ブランド力」が「商標権」という形になると、たとえば、サービスが有名になって、その名称を(加盟者・フランチャイジー)にライセンスしたいとか、もし万が一事業を売却されるような際、事業のブランド力(価値)を、「商標権」に値段をつけることで表現することも可能でしょう。

つまり、“守り”重視の事業者だけでなく、“攻め”の姿勢で取り組まれている事業者の方にも(、いやそういう事業者「にこそ」)、商標登録の制度のメリットはあると言えましょう。

「信用」が一番大事な時代~起業に商標登録の証「Ⓡマーク」を活用しない手はない

漫才コンビ「キングコング」の西野亮廣さんは、芸人としてだけでなく、さまざまな活動で成功を収めていらっしゃいますが、その著書(「革命のファンファーレ」幻冬舎刊)の中で、「信用持ちは現代の錬金術師」とおっしゃっています。“お金を信用に両替することはできないが、逆はできる”という趣旨からで、クラウドファンディングでも成功されている西野さんだからこそ、より説得力のある言葉ですね。

「信用」は、どんなジャンルの、どの事業者にとっても大事なもので、そう簡単に手に入るものでもないですし、またそれを上手にアピールするのが難しいところですが、それも「商標登録」が大いに武器になってくれるでしょう。

登録した商標(登録商標)には、“registered”を意味する「Ⓡマーク」を付与することができます。社名・サービス名・商品名(あるいはロゴ)に、Ⓡがついているだけで、そこから発散される「信用力」は圧倒的に違うのではないでしょうか。

ちなみに、米国の場合は、既に商標を使用して、ブランド力が積み重なった状態でないと、本来の商標権は与えられない「使用主義」を取っていますが、日本の場合は、“これから使用する予定”の商標でも登録が可能です(「登録主義」)。

もちろん、誠実に事業を継続しなければ、真の信用が得られないのはどちらも同じですが、特にこれから起業される方が、商品名等に「Ⓡマーク」を付与して事業を始めるのは、信用を獲得していく最初の段階で、商標登録をしていない事業者よりも大きなリードを取ることになるでしょう。

また、商標登録をしようとすると、先に、「同一又は類似の商標が、既に他者出願・登録されていないか」を調査するのが通常です。調査を起業前にしておけば、上述の“守り”の理由~即ち、他社の商標権を知らない間に侵害してしまうことも回避でき、一石二鳥なわけです。

まとめ

「起業(事業を開始)する前に、商標登録をすることのメリット」を述べてきましたが、つまり「既に事業を始められている方」は、もう待ったなしというか、いち早く商標登録を検討されたほうがいいことになります。

費用については、「どんな商品やサービスに、その商標を使用するか」の範囲によって、特許庁に収める料金(通称「印紙代」)が変わりますが、これはどの弁理士・特許事務所に依頼しても全国共通です。これに、弁理士費用(弁理士へのギャラですね。これは弁理士によってまちまち)を合算したものが、商標登録の費用総額になります。

しかし、どちらの弁理士・特許事務所に依頼するにしても、その費用総額を、商標登録の存続期間10年=120か月で割ってみると、月々数千円になるはずです。”守り“の理由からの保険料と考えても、”攻め“の理由からのコンサルティング料と考えても、決して大きすぎる負担ではないはずです(10年といわず、最初の5年分だけ払って様子を見る制度もあります)。
そして、使い続ける商標権は、何回でも更新可能です。ブランド力が積み重なるほど、強く・財産価値の高まる「商標権」。
自分にフィットする弁理士のサポートのもと、ぜひ、このメリットを享受されてください。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。