商標登録の費用と、商標登録に必要な商標の検索・調査
知財


この記事の目次

商標登録の費用~自分でやったら?~

商標登録の費用には、特許庁に支払う費用(印紙代)と、弁理士に支払う費用(弁理士手数料)の2つがあります。
弁理士(事務所)に頼まずに自分でやる場合でも、特許庁に支払う費用は必要です。
特許庁に支払う費用には、出願時に支払う費用と、登録時に支払う費用の2つがあり、区分数に応じて変わりますが、最低でも合計28,400円は必要です。その他、電子化手数料が最低1,900円、郵送料等がかかる場合があります。

要するに、商標登録の費用としては、自分でやっても、最低30,000円程度は必要になります。

商標登録の費用~弁理士に頼むと?~

弁理士(事務所)に頼むと、上述の特許庁に支払う費用(最低でも合計28,400円)に加え、弁理士に支払う費用が必要になります。

弁理士に支払う費用は、依頼する弁理士によって異なり、合計20,000円前後から合計十数万までかなりの幅があります。

費用項目も様々で、事務所手数料、調査手数料、出願手数料、登録手数料、成功報酬などがあります。

弁理士の費用については、日本弁理士会が弁理士に対するアンケート結果を公表しており、出願手数料は5万~8万円が73.5%となっており(アンケート結果はこちら)、謝金は4万~6万円が71%となっています(アンケート結果はこちら)。

つまり、弁理士の費用は合計9万~14万円程度が多くなっており、これに特許庁に支払う費用(最低でも合計28,400円)が加わりますので、総額12万~17万程度になるのが相場と言えるように思われます。

当然のことながら、弁理士の費用はサービスの内容に応じたものになります。

同じ商品を購入するのであれば安い方がいいに決まっています。しかしながら、サービスの提供を受ける場合は、サービスの内容に応じて費用が変わるのが一般的です。

弁理士に依頼する場合は、弁理士のキャリア、知識、経験、技量なども異なりますし、サービスの内容についても簡略化されたものから手厚いものまであります。

一般的には、弁理士のキャリア等がなく、サービスの内容が簡略化され、短時間で済むのであれば、費用は安くなり、逆に、弁理士のキャリア等があり、サービスの内容が手厚く、長時間を要するのであれば、費用は高くなります。

ここで、サービスの内容が簡略化されているか、手厚いかは、質問や相談の回数や時間、メールや電話だけでの対応か対面対応か、調査にかける時間、区分や指定商品の特定にかける時間などによって変わってくると思われます。

例えば、ホームページなどで手続きの流れや費用等の必要な情報を開示し、これらを読んでもらい、その内容に同意していただいた上で申し込みをしてもらい、その後の質問、相談等の回数や時間を減らし、メール等で対応することで、費用を安くすることが可能となります。また、調査や指定商品の特定等にかける時間を減らせれば、費用を安くすることができます。

なお、弁理士の費用は、安いところから高いところまでありますが、上述の弁理士会の平均の半分以下であれば、全体から見れば最安値水準であると言えるのではないかと思われます。

逆に、例えば、費用は高くてもいいから、質問や相談に無制限に対応してもらい、対面対応をしてもらい、調査や指定商品等の特定もできる限りの時間をかけて、しっかりとやってもらいたいという方もいらっしゃるかもしれません。

このように、希望するサービスの内容との関係で費用は変わってきます。費用を安くしたいなら、サービスの内容が簡略化されることを受け入れる必要があり、費用は高くてもいいなら、手厚いサービスを受けられることになります。

なお、分かりにくいと思いますが、「無料相談」とは、一般的な法律相談で、具体的な相談に応じるものではないことが多く、具体的な相談になると「有料相談」になることが多いと思います。また、「無料調査」とは、出願を前提とするなどの条件付きのものが多いと思います。

商標登録に必要な商標の検索・調査

商標権を取得するには、特許庁に対して、商標登録出願を行ない、審査を経て、商標登録されることが必要になります。

はじめて商標登録をお考えの場合は、特許庁のホームページの「初めてだったらここを読む~商標出願のいろは~」を読むことをお薦めします。

商標権を取得する場合、まずやるべきことは、商標の検索、つまり、既に同一又は類似の商標登録が存在しないかなどを調査することになります。なお、商標の検索方法(調査方法)についても、上記の「初めてだったらここを読む~商標出願のいろは~」に記載されていますので、ご参照ください。

そして、検索結果(調査結果)が得られたら、同一又は類似の商標登録が存在すると言えるか否かを判断しなければなりません。

このような商標調査を行なったり、その結果を判断したりするには、それなりの時間、労力を要しますので、時間、労力を削減するために、専門家である弁理士に任せるのが得策であると思います。

まとめ

商標登録の費用について、まとめると、以下のようになります。

・商標登録の費用には、特許庁に支払う費用と、弁理士に支払う費用の2つがある。
・特許庁に支払う費用は、最低でも合計28,400円は必要。
・商標登録の費用としては、自分でやっても、最低30,000円程度は必要。
・弁理士(事務所)に頼むと、弁理士に支払う費用が必要。
・弁理士に支払う費用は、合計20,000円前後から合計十数万までかなりの幅がある。
・弁理士の費用は合計9万~14万円程度が多い。
・特許庁に支払う費用は、最低でも合計28,400円。
・商標登録の費用としては、総額12万~17万程度になるのが相場。
・上述の相場、即ち、弁理士会の平均の半分以下であれば、全体から見れば最安値水準であると言える。
・弁理士の費用はサービスの内容に応じたものとなる。
・費用を安くしたいなら、サービスの内容が簡略化されることを受け入れる必要があり、費用は高くてもいいなら、手厚いサービスを受けられる。



商標登録に必要な商標の検索・調査について、まとめると、以下のようになります。

・商標権を取得するには、審査を経て、商標登録することになる。
・商標権を取得する場合、まずやるべきことは、商標の検索、つまり、既に同一又は類似の商標登録が存在しないかなどを調査。
・検索結果(調査結果)が得られたら、同一又は類似の商標登録が存在すると言えるか否かを判断。
・商標調査やその結果の判断は、時間、労力を削減するために、専門家である弁理士に任せるのが得策。


記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。