マークの類似とは?弁理士が分かりやすく説明します
知財


商標を登録したくても、その商標と類似する他人の先登録商標が存在する場合は、商標登録できません。 無事に商標を登録できて、その登録商標と類似する商標を見つけた場合には、差止請求などの権利行使を行うことが可能ですが、類似していなければ権利行使できません。
このように、商標が類似しているかどうかは、非常に重要なポイントです。
商標類似のひとつの要素は、マークが類似していることです。
詳細はこちらの記事をご参照ください。

マークの類似は、「外観」「称呼」「観念」の3つのポイントを総合的に考察して判断することになっていますが、審査官は、この3つのポイントのうち、称呼の類似を指摘することでマークが類似していると判断することが多いので、「称呼の類似」について説明します。

この記事の目次

1.呼称は類似?非類似?

以下は、いずれも音数が同じ呼称の組み合わせです。なお、音数は、仮名文字1字が1音、拗音(キャ,シュ,ピョなど)は2文字で1音、長音(ー),促音(ッ),撥音(ン)も1音と数えます。

それぞれ類似/非類似どちらでしょうか?

(1)「スチッパー」vs「スキッパー」
(2)「クロスタイル」vs「プロスタイル」
(3)「アトミン」vs「アタミン」
(4)「アクレス」vs「アスレス」
(5)「サイバトロン」vs「サイモトロン」

2.呼称の類似の基本

音数が同じ場合は、1音だけ相違しても、その1音が
①母音が共通
②子音が共通
③濁音(ガ、ザ、ダ、バ行)と半濁音(パ行)、清音(カ、サ、タ、ハ行)の違いに過ぎない
という場合は、典型的な呼称類似とされています。特に、相違する音が、語頭音ではなく中間音や語尾音であるときは類似です。

また、相違する1音が
④弱音(イ,ウ,ム,ン,
⑤長音(ー)と促音(ッ)の違いに過ぎない
また、音数が異なっても、
⑥長音(ー),促音(ッ),撥音(ン)の有無の違いに過ぎない
という場合は、呼称類似とされます。

また、呼称が比較的長ければ、1音だけ相違しても、あるいは1音だけ多くても、全体の音感が近似することがあり、このような場合も呼称類似とされます。特に、相違する音が、語頭音でも語尾音でもなく中間音であるときは類似とされやすいです。なお比較的長いとは、6~8音以上とされています。

3.音数が同じでも非類似とされるのは?

さて、組み合わせ(1)~(5)は、すべて音数が同じで1音だけ相違するパターンです。このようなパターンでは基本的には類似となりますが、以下のように判断されています。

(1)類似:相違する1音の母音が共通するパターンです。特に、相違する「チ」「キ」は語頭音ではなく中間音なので、類似とされやすいです。

(2)非類似:相違する1音の母音が共通するパターンですが、相違する「ク」「プ」は語頭音であり非類似とされました。

(3)類似:相違する1音の子音が共通するパターンです。特に、相違する「ト」「タ」は語頭音ではなく中間音なので、類似とされやすいです。

(4)非類似:相違する1音の母音も子音も相違するパターンです。非類似とされました。

(5)類似:構成する音数が比較的長いパターンです。特に、相違する「バ」「モ」は語頭音でも語尾音でもなく中間音なので、類似とされやすいです。

4.まとめ

マークの類似は、「外観」「称呼」「観念」の3つのポイントで判断しますが、審査官は、3つのポイントのうち、称呼の類似を指摘してマークが類似しているとすることが多いです。そこで、今回は、呼称の類似について説明しました。
音数が同じで1音だけ相違する場合は基本的には類似とされますが、
①音数が短い
②相違する音が語頭音
③相違する音が母音も子音も異なる
といった場合は、非類似とされることもあります。

商標出願するにあたって、登録の可能性を高めるためにご参考になれば幸いです。ただし、マークの類否は、機械的に単純判断することはできませんので、判断に迷う場合は、ぜひ弁理士にご相談ください。

※関連記事:
『商標の類似とは?弁理士が分かりやすく説明します』

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。