実用新案権を取得するメリットについて
知財

実用新案は、特許制度よりも水準の低い創作を保護するための簡便な制度と位置付けられています。
そのため、実用新案の制度自体を軽んじて考えている人多く、取っても意味がないと考えている人も多いことが事実です。
弁理士でさえ制度の本質の理解が不十分なために、時間・費用の無駄、意味がないと考えられることもあります。

しかし、実用新案の活用のしやすさと、特許と同様に知的財産をしっかりと保護することには変わりはなく、権利化までのハードルの低さから特に中小企業の方の強い味方となる制 度です。本日は実用新案のメリットと、その活用事例についてご紹介します。

この記事の目次

1.実用新案のメリット

実用新案の場合、方式的な審査のみで権利付与される“無審査登録制度”が採用されています。実体審査の必要がある特許と比べて、迅速な権利保護を可能で、出願から、約4~6か月程度で権利が付与されます。そして、実用新案の費用の相場は総額で30~40万円程度といわれており、特許に比べて費用を安く抑えることができます。また、特許と同様に、損害賠償請求や差止請求は 特許と同様に可能です。

2.製品の売れ行きを見て保護の仕方を変更できます!

登録された実用新案は、一般的に出願日から3年以内であれば特許申請に変更できます。そのため、登録された実用新案を利用した製品の売れ行きなどの市場の反応を確認 した上で、アイデアを守る最適な方法を選択できます。

例えば、製品の売れ行きの予想が難しい場合は、費用が安価な実用新案権を取得しておき、製品について営業等をして周りの反応を見た上で、出願した日から3年以内に登録された実用新案を特許申請に変更するのかを検討する場合もあります。具体的には、市場の反応がよく、ロングセラーが見込める場合には、登録された実用新案のアイデアを長期的に守れる特許申請に変更することもできます。

逆に、市場の反応が思ったほどよくない場合は、その後、何らかのきっかけで製品のブ ームが起った場合に備えて、登録された実用新案をそのまま保持しておく場合もありま す。

3.弊所での活用事例

実用新案例_マスク
こちらに弊所で扱った実用新案の例を挙げさせていただきます。こちらは内部汚染を回避することができるマスクで、マスクと顔の間に交換できるフィルターを取り付けする部分を備えることで実用新案として権利化したものです。思ったよりも簡単に権利化できると思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、このようなアイデアを権利化しておけば、例えばマスクメーカーでこの構造が採用されれば利益を生み出すことも可能になるかもしれません。

4.まとめ

実用新案は、特許と同様に知的財産をしっかりと保護することには変わりはなく、権利化までのハードルも特許に比べて低いことから、特に中小企業の方に適した知的財産制度であると考えられます。 特許に比べて短期間で取得でき、費用も抑えられるため、実用新案は中小企業の方向け の強い味方となる制度です。
弊所の2019年度の実用新案取り扱い件数は、全国1位を誇っております。実用新案の出願は吉川国際特許事務所にお任せください。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。