商標登録無効審判と取消審判の違いとは?
知財

商標とは、自己の商品・役務と他人の商品・役務を区別するために事業者が使用するマークのことを指します。商標権はこの「マーク」と「使用する商品・役務」の組み合わせで登録されます。
他人の登録商標と類似の商標を使うことはできませんが、実際に自分の商標と類似の商標が登録されている場合はどうすればよいのでしょうか。今回は、2つの対応についてご紹介します。

この記事の目次

無効審判について

登録無効審判とは、すでに登録されている商標を無効化するための審判です。
無効理由を有する商標には、そもそも登録されるべきではなかったのに誤って登録された商標や、登録後に不適となった商標などがあります。

誤って登録された商標の例

・簡単でありふれた図形や、文字のみからなる商標
(○、□等の図形、ローマ字や数字の1や2からなる商標)
・他人の登録商標と同一、または類似の商標であって同一又は類似の商品について使用する商標
・他人の有名な商標と同一、または類似の商標等他人の商品や役務を混同させるおそれのある商標

登録後に不適となった商標の例

・日本又は外国の国旗、国際連合その他の国際機関のマーク、都道府県・市町村のマーク等と同一又は類似の商標
・商品の品質又は役務の質の誤認を生ずるおそれのある商標

無効審判の請求は当事者、具体的には登録されている商標との間に利害関係がある人のみ可能です。
自分の使用している登録商標が別の登録商標に類似しているとして警告されたものの、自分の使用している登録商標のほうが先に登録されていたというケースでは、相手の登録商標について無効審判を請求すると良いでしょう。請求が認められると、その商標は初めから登録されていなかったと見なされます。

取消審判について

不正使用目的の登録などは取消審判でも取り消すことができます。
取消審判制度の大きな特徴として不使用による取消があります。これを不使用取消審判と呼びます。これは国内で3年間使用していない登録商標を消滅させることができる制度です。取り消された商標は別の人が登録することができます。
不使用取消審判を活用できるケースとして下記の2つが挙げられます。

1.商標権の登録を申請している場面

自社で出願しようとしている商標が、他社が既に同一の商標、または類似の商標を登録している場合は、出願をしても登録されることはありません。

しかし、他人がその商標を使用していない場合は、不使用取消審判の制度を利用して他社の商標権を取り消すことにより、自社で商標登録が可能になります。

2.他社から商標権侵害として警告を受けた場面

自社で使用している商品名やロゴについて、他社から商標権侵害であるとして警告を受けた場面でも、不使用取消審判制度を活用できるケースがあります。

他社がその商標を使用していない場合は、不使用取消審判の制度を利用して他社の商標権を取り消すことにより、自社がその商標を使用し続けることが可能になります。

まとめ

自分の使いたい商標が他人の商標と同一または類似であっても、このような審判を活用すれば取得できるかもしれません。
商標に関してお困りの事がある方や、トラブルに巻き込まれた方は、お気軽に弊所にご相談ください。商標に詳しい弁理士が貴社をサポートいたします。
ご相談、お見積もりは無料でいたしますので、ぜひ吉川国際特許事務所にお問い合わせください。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。