ちゃんと説明できますか?行政書士と司法書士の違いをわかりやすく解説します!
法務


「行政書士と司法書士の違いがわからない」とはよく言われていることです。 どちらも「書士」とついていますし、普段生活していてもあまり耳にしないことと思います。弁護士はテレビにも出演されていますし、ドラマや映画になったりします。行政書士はドラマで取り上げられ司法書士よりは知名度は高いかもしれません。

しかし、業務範囲というとほとんどの方がわからないのではないでしょうか。
また、会社の設立をインターネットで検索すると行政書士や司法書士、税理士等とたくさん検索されます。お客様はいったいどの専門家に依頼していいのか戸惑ってしまうのではないでしょうか。

そこで今回は行政書士と司法書士の違いについてわかりやすく解説していきたいと思います。

この記事の目次

1.行政書士とは

行政書士は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成、行政不服申立て手続代理等を行います。
福祉行政が重視され、国民生活と行政は多くの面に関連を生じることとなり、その結果、住民や企業等が官公署に書類を提出する機会が多くなっています。また、社会生活の複雑高度化等に伴い、その作成に高度な知識を要する書類も増えています。

行政書士が、官公署に提出する書類等を正確・迅速に作ることにより、国民の権利・利益が守られ、また、行政においても、提出された書類が正確・明瞭であることにより、効率的な処理が確保されることから、行政書士制度の必要性は極めて高いといわれています。
業務は、依頼された通りの書類作成を行ういわゆる代書的業務から、複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続の業務へとパラダイムシフトしてきており、高度情報通信社会における行政手続の専門家として国民から大きく期待されています。

行政書士は、法律で制限されている業務はできません。したがって、司法書士の業務範囲である登記等の代理はすることができません。
会社設立においての行政書士の業務は、会社設立関係書類の作成、役所への許認可業務、というところです。登記の代理ができないため、申請は提携の司法書士依頼または本人申請で対応しているようです。

本人申請については、申請内容が間違っていた場合等は依頼人の本人あてに法務局から連絡がいきます。本人が法務局と話をして解決できるのか疑問です。 解決できたとしてもお客様にお手数をおかけするのはいかがなものでしょうか。

しかし、許認可という部分では行政書士が専門家です。会社の設立に際して許認可を取得する場合には、行政書士に依頼したほうがスムーズにいくこともあります。

2.司法書士とは

司法書士の仕事は、登記または供託の手続きの代理、法務局、地方法務局に対する書面の作成、簡易裁判権(認定司法書士)等です。登記については専門家で代理権もあるので、法務局からお客様に連絡がいくことはなく、登記完了まで司法書士が対応します。 しかし、許認可については、あまり詳しくないため目的を決める段階で許認可が必要な業務かどうかの判断がつきにくい場合もあります。そのような場合には提携している行政書士に依頼することになります。

3.その他

インターネット等で行政書士、司法書士でもないような会社が「会社設立の代行します」というものを見かけます。法人設立書類作成についても行政書士、司法書士でもない者が報酬を得て業務とすることは違法のように思われます。費用だけで判断するのではなく、設立後のことも考慮して専門家に依頼することをお勧めします。ちなみに弁護士は登記の代理もできます。

4.どの専門家に頼んでも一緒なのでしょうか?

定型的な会社の設立においては、登記の内容も定型なので登記簿に記載される事項は大差ないのかもしれません。しかし、定款の内容・アフターフォロー等で差がでてきます。他の事務所で数か月後に連絡がとれなくなった、会社代表印がどれだかわからない、というクライアントの声も聞かれます。司法書士、行政書士という士業の枠というよりは事務所ごとの業務の特徴によるのかもしれません。

5.まとめ

「行政書士」は、「行政書士法に基づく国家資格」であり、「官公署に提出する書類および権利義務・事実証明に関する書類」の作成・提出などを行う専門職であり、「司法書士」は、「司法書士法に基づく国家資格」であり、「専門的な法律の知識に基づき登記並びに供託の代理、裁判所や検察庁、法務局等に提出する書類」の作成・提出などを行う専門職です。

また、法務大臣から認定を受けた「認定司法書士」は、「簡易裁判所」における民事訴訟、民事執行、民事保全、和解、調停などにおいて当事者を代理することができます。 要するに「行政書士」は(法曹関係と税務署を除く)「官公署」に提出する書類の作成・提出および「権利義務・事実証明に関する書類」の作成・提出などを担当し、「司法書士」は、「裁判所や検察庁、法務局等」に提出する書類の作成・提出および「登記並びに供託の代理」などを担当します。

しかし、司法書士と行政書士では重なる業務が多く、その差異が傍からはわかりにくいといえます。特に「相続手続き」「会社設立」においてはよく重なります。ただし行政書士は、裁判所の手続きと税務関連手続きには一切関与できません。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。