就労ビザの取得方法について~How to get a working visa in Japan~
法務


この記事の目次

1.就労ビザとは
What is the working visa in Japan?

外国人が日本で働くためには、原則的に就労ビザが必要です。就労ビザ無し又は資格外活動許可無しに仕事をした場合、処罰の対象となり、最悪の場合、日本から強制退去となります。就労制限があるどうかは下記の通りです。

If you are foreigner and start to work in Japan, you need to get working visa. If you work without a work visa or permission to work outside the qualification, you will be subject to punishment. In the worst case, you will be forcibly removed from Japan. There are working restrictions is as follows.

就労制限
Working restrictions
在留資格
Status of Residence
就労不可
You can’t work in Japan
①留学 Student
②家族滞在 Dependent
③短期滞在 Temporary Visitor etc
就労ビザで認められた範囲のみ就労可
You can only work within the range allowed by the working visa
いわゆる就労ビザ ”working visa”
例)技術・人文知識・国際業務
Engineer/Specialist in Humanities/
International Services
教育Instructor、
技能Technical Intern Training etc
就労制限なし
No work restrictions
①永住者Permanent Resident、
②日本人の配偶者等
Spouse or Child of Japanese National、
③永住者の配偶者等
Spouse or Child of Permanent Resident
④定住者 Long Term Resident
参考:入国管理庁HP

就労不可もしくは、就労制限がある場合でも、資格外活動許可を得れば許可された範囲でのみ仕事をすることもできます。

However you don’t have any working visa, you can work certain period of hours under permission for other Activity.

最近、仕事は決まっていないが、就労ビザが欲しいというご相談が増えました。しかし、就職先が決まっていなければ基本的に就労ビザは取得できません。

Recently,I often receive consultations from foreigners who don’t get work in Japan yet.But you can’t get a working visa in principle before you get work in Japan.

2.就労ビザの取得の流れ(日本国外にいる場合)
How to get a working visa.~the case you are outside Japan~

以下が、簡単な就労ビザの取得の流れです。就労ビザを取得するには、まずは内定をもらわなければなりません。通常、内定先の企業が就労ビザ発行の手続きや費用を負担することが多いです。

日本にいる企業が、申請取次行政書士などの専門家に依頼するか企業自身で、外国人の「在留資格認定証明書」を取得し、それを就職予定の外国人に送付します。その「在留資格認定証明書」を添付し、お近くの日本大使館で就労ビザ発行の申請手続きをすることになります。

これには、最低3ヶ月かかると言われていますので、余裕をもって申請をされてください。

The following is a flow to get working visa in simply. To get a working visa, you must first get a job offer. In general, your employer often pay for the cost of your working visa.

Your employer gets “Certificate of Eligibility ”for you by themselves or with help of administrative scriveners who are specialists of visa such as me.After you get “Certificate of Eligibility ”, Attach the “Certificate of Eligibility ” and pply for a working visa at the Japanese Embassy near you.

It is said that this will take more than 3 months, so please apply with sufficient time.

Ministry foreign affairs of Japan HP

3.就労ビザの取得の流れ(日本にいる場合)
How to get a working visa ~the case you are in Japan~

日本にいる外国人が、就労ビザを取得する場合、すでに何等かのビザを持っているはずです。この場合、「在留資格変更申請」をすることになります。

もちろん、この場合も、就職先が決定していないと申請できません。就職先が決定していれば、内定先の企業が外国人のために、就労ビザ申請手続きや費用を負担するのが通常です。

この申請も、最低3ヶ月かかると言われています。そのため、短期ビザなどで来日して、就労ビザに変更する場合、手続きが在留期間中に終わらない可能性があります。そういった場合、やはり一度本国に帰り、「2 就労ビザの取得の流れ(日本国外にいる場合)」と同じ手続きをしていただく必要があります。

If you get a working visa in Japan, you should already have some status of residence. In this case, you should apply for a change of status of residence.

Of course, in this case as well, you can't apply if you haven't decided on a job in Japan. It is normal for your employer to pay the visa application procedure and costs for you.

It will take more then 3 months to get the permission of change of status of residence. Therefore, if you have a short-term visa , the procedure may not be completed during your period of stay. In such a case, you will need to return to your home country and follow the same procedure as in “How to get a working visa. ~the case you are outside Japan~”.

4.まとめ
Summary

以上が、日本の就労ビザを取得する簡単な流れです。日本の就労ビザは、たくさんの種類があり、それぞれ取得できる条件が異なります。どの就労ビザを取得できるかは、どのような仕事をする予定であるか、また外国人の学歴、実務経験などの背景によって異なります。

もちろん、外国人ご自身や企業が就労ビザの手続きをすることも可能ですが、かなり複雑であること、書類不備の場合や再申請には時間がかかることから、確実に就労ビザを取得したい場合は、申請取次行政書士などの専門家にご相談されることをお薦めいたします。

The above is a simple flow to get working visa in Japan. There are many types of working visas in Japan, and the conditions of them are different. Which working visas you can get depends on the type of work you plan to do and your background, such as student's educational background, work experience etc.

Of course, it is possible for you or your employer to apply for a working visa, but it is quite complicated. If you want to get a working visa without fail, it is recommended that you consult with a specialist such as an administrative administrative scrivener like me.

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。