行政書士?司法書士?株式会社設立手続きは誰に相談したらいい?
法務


起業したい、株式会社を設立したいと考えたときに「誰に相談したらいいのかわからない」という人も多いですよね。私も、よくこの質問をお受けします。

ネットで検索すると行政書士、司法書士、税理士も会社設立手続きができると出てきます。そうすると
「え?司法書士と行政書士に頼むのは、何が違うの?」と、混乱してしまうはずです。よくわかります、その混乱。

この記事の目次

行政書士と司法書士の違い

まず、行政書士ができる会社設立の手続きのサポートは、定款の作成と定款認証です。

司法書士ができる会社設立手続きのサポートは、同じく定款の作成と定款認証に加えて、会社設立の登記まですることができます。

行政書士の会社設立手続き

それでは、具体的に、みなさんが行政書士、司法書士に依頼した場合に、どのような違いが出てくるのでしょうか。

行政書士に会社設立を相談した場合、定款作成、定款認証をした後は、登記は、その行政書士が提携している司法書士さんが行うことになるでしょう。または、定款作成と認証だけは行政書士がおこない、会社設立登記は、依頼主様ご自身でするという選択肢もありえます。

ご自身で設立登記をす流場合、自分で登記申請書を作成し、登記申請するという手間はかかりますが、費用は抑えられる可能性はあります。

「登記申請って自分でできるの?それなら定款認証も自分でやれば、費用は一切かからないじゃん!」
という声が聞こえてきそうですね。

確かに、個人で定款認証ができないわけではないのですが、個人が定款認証するまでに必要な準備や費用などを考えると、定款認証をご自身でするメリットが少ないと言えます。

司法書士の会社設立手続き

次に、司法書士にご依頼いただいた場合ですが、司法書士は、定款作成、定款認証から会社設立の登記までを、ワンストップでおこなうことができます。つまり丸投げが可能なのです。全てをひとりの司法書士に任せることができるので、意思の疎通やすり合わせなども容易となり、安心してただけるのではないでしょうか。

士業に依頼するメリット

最近では、ご自身で会社設立手続きをされる方もいるようです。
しかし、会社設立時には、代表取締役となる方は、やらなければならないことが多くあります。会社を設立したならば、売り上げを上げることが求められます。会社経営者の最も重要な仕事ですね。会社設立手続きに時間を使うのではなく、本業に時間を回すべきだと、私は考えています。

自分で会社設立手続きする時間を、本業のために費やし、売り上げを上げることに専念していただいた方が、結局はコストパフォーマンスが良い、ということになるのです。

実際に、自分で会社設立手続きをしたという代表取締役の方とお話すると、二つ目の会社を設立する際にお会いしたのですが「設立手続き実に面倒だった。はじめから専門家に任せておけばよかったよ」と言われていました。必要書類を確認し、その書類をひとつひとつ揃え、公証役場を往き来するという手間と時間は思っているよりも大きいものなのです。

会社設立は誰に依頼したらいい?

さて、行政書士と司法書士、上記のような違いがありますが、果たして、誰に設立の相談をしたらいいのでしょうか。
まず、上記のような行政書士と司法書士の違いを理解いただくことが一番大切です。私自身は、行政書士の資格と司法書士の資格、どちらも持っていますが、行政書士と司法書士の会社設立手続きへの関わりの違いをご理解いただいていれば、相談をするのは「行政書士でも司法書士でも、どちらでもいい」と考えています。このように考える理由は、会社設立で大切なことは、資格だけではないからです。大切なのは、ご依頼主様と士業との相性だからです。

もし知り合いに行政書士がいるなら、その人に相談するのが良いのではないでしょうか。少しでも顔見知りの方が、話がしやすいかもしれません。 また、たまたま司法書士の知り合いがいるなら、その方に依頼するといいと思います。

定款作成は、事業の目的や、事業内容など、依頼主様のお話を聞きながら作成していきますが、話しやすい先生に依頼するのが、一番いいはずです。

大切なのは相性

依頼した先生の専門との相性もあります。

IT事業を立ち上げるために会社設立を考えている人が、webもITの知識も ゼロの、高齢士業先生に相談したとしたら、話が噛み合わず、理解してもらえない可能性もあるかもしれません。

最近、私が受けたご相談では、スピード感を持って仕事をしてもらいたいのに、連絡が遅い、ITツールを使いこなせないためにやりとりがスムーズにいかなかったといった不満を聞きました。

起業を迷っている、会社設立手続きを相談したい方は、まずは行政書士・司法書士に、まずは相談されてみてください。 ひとりで悩み、ネット検索で情報の海に漂うよりも、分かりやすい話が聞けるのではないでしょうか。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。