市街化調整区域での建築物の建築について~開発許可の立地基準を解説~
法務


ご存じのことかと思いますが、市街化調整区域においては原則として建築物を建築することはできません。市街化調整区域は、都市計画法によって「市街化を抑制すべき区域」とされているからです。

しかしながら、すべての建築行為が禁止されているわけではありません。都市計画法上の立地基準を満たす場合には、開発行為(建築物の建築を目的とした土地の区画形質の変更のこと)が許可されることがあり、開発許可を受けた開発区域においては、建築物の建築ができるようになります。

また、「農林漁業用施設」や「公益上必要な建築物」を建築することを目的とした開発行為は、そもそも開発許可が不要である場合もあります。「公益上必要な建築物」に該当するケースは法令に列挙されていますが、一般の事業者がこれに該当するケースはおそらくないものと考えます。

この記事では、市街化調整区域においても開発行為が許可され、建築物の建築が可能になり得るものとして、2つのケースを取り上げて解説いたします。そして、開発許可制度と農地転用の関係についても言及したいと思います。

なお、この記事を作成するにあたっては、福島県の都市計画法による開発許可制度の手引を参考にしています。都市計画法の細目は、自治体の条例に委任されていることが多いですので、事業地の自治体が公開している手引等も参照いただければと思います。

この記事の目次

市街化調整区域での一般住宅の建築(分家住宅の特例)について

大前提として説明しておかなければならないのが、都市計画法で市街化区域と市街化調整区域の「線引き」が行われた理由についてです。

昭和30年代から始まった高度経済成長によって、急速に都市部に人口が流入し、無秩序な土地の開発・住宅等の建築が行われました。その結果起こったのは、上下水道や道路などのインフラの整備が追いつかなかったり、学校などの公共施設の整備が遅れてしまったりといった弊害でした。

インフラの整備や公共施設の建築が後追いになってしまうと、コストの面でも非効率になってしまいます。ですので、市街化区域に住宅等の建築を限定することによって、人口をその地域に集中させる政策を採用したのです。多くの都道府県では、昭和40年代の半ばで「線引き」が行われました。

※「線引き」とは、都市計画区域を市街化区域と市街化調整区域とに分けることを指します。

以上のような都市計画法の趣旨を考えるとお分かりだと思いますが、市街化調整区域の土地を新たに購入して、そこに一般住宅を建築することはできません。ただし、「線引き」がされる前からその地域に土地を所有していた方々については、例外的に一般住宅を建てられる余地が残されています。それがいわゆる「分家住宅」です。

「分家住宅」とは、「線引き」前から市街化調整区域で土地を所有し、継続して生活の本拠としていた世帯員から、土地を譲り受けて建築する一般住宅のことをいいます。
「分家住宅」を建築しようとする土地の譲受人は、土地を譲渡する世帯員の親族(世帯の構成員)であったことが必要とされ、また相続や生前贈与によって土地の所有権を取得しなければなりません。

現在35歳の会社員で配偶者と子ども一人いる方(譲受人)が、両親と祖父と同居している場合を考えてみましょう。二人目の子どもが生まれることになり、現在住んでいる住宅では手狭になったとします。そして、現在の住宅の近くに祖父が所有する土地があったとします。そこで、譲受人は祖父から土地の贈与を受け、そこに一般住宅を建築することになりました。これが「分家住宅」の一例です。

※福島県における「分家住宅」の運用基準については、当事務所のHPの中でより詳しく解説していますので、ご参照いただければ幸いです。

公共公益施設または日常生活のために必要な物品の販売、加工、修理などを営む店舗について

市街化調整区域においても、その地域で生活している方々がいらっしゃるので、当然その方々の日常生活が不足なく営まれることは保障されなければなりません。そこで、建築物を建築する場所(開発区域)が市街化調整区域内であったとしても、社会福祉施設や医療施設、そして衣料品店、食料品店、薬局、コンビニエンスストア、食堂、理・美容院などについては、建築が可能となることがあります。

物品販売などの業務を営む店舗等の建築物の建築のための開発許可の要件には、以下のようなものが挙げられています。

1.周辺の市街化調整区域の居住者を主なサービス対象とした、日常生活に必要なものであること
2.市街化区域からの距離が道程でおおむね1km以上であること
3.申請地を中心とする半径500mの円を描き、円内に50戸以上の人家(世帯)があること
4.技術基準による幅員以上の国道・県道・市町村道に面していること
5.敷地面積が、おおむね500㎡以内であり、建築物の面積が過大でないこと
(駐車スペースを要すると認められる業種にあっては、駐車場が適正に配置されていること)
6.業務の用に供する部分の延床面積が全体の1/2以上であること
7.建築物が、将来にわたって計画される営業に限定して使用されるものであること



以上の要件に該当し、技術基準に問題がなければ、建築物の建築が可能になります。店舗兼住宅でも、住宅部分が1/2未満であれば建築が可能であるため、新たに土地を購入して市街化調整区域に居住することもできることになります。しかし、あらかじめ計画した事業は継続していかなければならず、事業の変更も認められないことには注意が必要です。

開発許可制度と農地転用の関係について

ところで、市街化調整区域で建築物の建築が可能な平坦な土地は、農地であることが多いです。そして、建築物を建築するために農地を譲り受けるためには、農地転用の許可を受けることが必要になります。また、農地転用(農地を農地以外のものにする行為)は、開発行為に該当するため、開発許可を受けなければなりません。つまり、ほとんどの場合、開発許可の申請と農地転用の許可申請は同時に行うことになります。

農地転用の許可を受けるためには、立地基準と一般基準をクリアする必要がありますが、都市計画法上の開発許可での立地基準と農地転用上の立地基準は異なりますので、これについても注意が必要です。両方の立地基準をクリアし、それに加えて開発許可における技術基準と農地転用の一般基準を満たすことで初めて、建築物の建築が可能となるのです。

※農地転用の許可基準(立地基準)については、当事務所のHPをご参照いただければ幸いです。

まとめ(許認可を必要とする事業を始めようとしている方々へ)

解説してきましたように、市街化調整区域において建築物を建築するためには、少なくとも開発許可と農地転用の許可を受けなければならないことが多く、さらに言えば、建築行為については建築基準法が求める要件も満たす必要があります。市街化区域などの他の区域での建築と比べて難易度がかなり高くなることは間違いありません。

福祉事業や医療事業、運送業、産業廃棄物処理業などの許認可を必要とする事業をスタートしようとする場合、建築物(箱物)の新築や改築が必要な場合があります。その場合、建築予定地が市街化調整区域ですと、建築が法律上認められなかったり、許可を受けるまでに多大な時間と費用がかかったりすることが多いです。これらの事業を始めようとされている事業者様におかれましては、予定地が市街化調整区域かどうかをまず確認することをお勧めいたします。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。