【補助金】メリットがたくさん ! 外国人旅行者へ手ぶら観光サービスを !
法務

この記事の目次
こんにちは ! 横浜市の行政書士宮城彩奈です。
旅行で大変な事は言葉や文化もそうですが、旅行を楽しみつつ、観光してるとお土産も買ったりしますよね。車での移動なら手荷物は積んでしまえばよいですが、そうでない場合は一旦ホテルや旅館の受付で預けてから「再度出発 ! 」なんて流れになったり。 もし気合で持ち歩いたとしても、周辺の方に迷惑がかかるんじゃないかと気を遣いますよね。

今、そんなお困り事を解消するべく「手ぶら観光」というサービスが全国163箇所で広がっています。 その「手ぶら観光」で補助金が出るのです。

手ぶら観光とは


訪日外国人旅行者が電車やバスで大きな荷物を運ぶ不便を解消するため、宅配サービスを活用し、空港・駅・商業施設等で荷物の一時預かり、空港・駅・ホテル・海外の自宅等へ荷物を配送する「手ぶら観光」を促進しています。


手ぶら観光のメリットとは


訪日外国人旅行者が大きな荷物を持って移動する負担の軽減。
観光地におけるコインロッカーや移動交通機関における荷物置き場等の不足対応。安全で確実な日本の優れた宅配サービスを世界へアピール。

手ぶらで観光のイメージ図

どのような補助金なのか


訪日外国人旅行者の急増により、受け入れ環境整備を行うための緊急対策を促進することを目的としています。 ですので、訪日外国人旅行者が電車やバスで大きな荷物を運ぶ不便を解消し、地方での消費拡大を図るため、手ぶら観光カウンター設置に対する支援として、手荷物集荷場・受け渡し場の整備・機械強化等に要する経費の一部を補助するものです。


補助対象になる人


以下の1~4の事業者で、国土交通省が「手ぶら観光共通ロゴマーク」提出の認定をした、または認定する見込みがあるもの。

1.地方公共団体
2.民間事業者(法人格が必要)
3.空港旅行ターミナル施設を設置し、または管理する者
4.協議会


手ぶら観光共通ロゴマークとは


「手ぶら観光共通ロゴマーク」を公共交通機関・店舗・施設の受付カウンターへ掲示することにより、外国人観光客からの手ぶら観光カウンターとしての識別性を上げ、外国人旅行者の利便性を高めます。

この共通ロゴマークの使用を希望する場合は、申請が必要です。


基本的な条件


訪日外国人旅行者が利用しやすい手荷物の手配または一時預かりサービスを提供している事。


具体的な条件


1.取り扱い可能なもの
スーツケース及びお土産(割れ物取り扱いOK)の配送、または一時預かりの少なくともいずれか一方が可能な事。免税店はお土産のみの取り扱いでもOK。

2.配送日数
特定地域への当日発送、または特定地域への翌日発送が可能な事。国外の発送については、最短日数の明示で可能です。

3.料金体系
料金一覧を明示している事。

4.対応可能言語
英語による案内が可能な事。※補助媒体を活用しても可能。

5.補償制度
手荷物の配送、一時預かりに関する補償内容を分かりやすく掲示している事。 ちなみにロゴマークの使用期間はなく、使用料無料です。


補助対象経費


補助対象経費の3分の1の補助が受けられ、以下の3つを満たす経費です。

1.使用目的が、本事業に必要なものと明確に特定できる経費。
2.補助金交付決定後に、契約・発注する経費。
3.証拠書類・見積書等によって、契約・支払金額が確認できる経費。

案内標識・ホームページ(予約システムを提供するものに限る)・案内放送・開設費用・改修費・設備費用等が対象になります。


本補助金の注意事項


■ 応募期間は平成29年10月31日必着になります。
また補助金交付を受けた場合、会計年度末までに補助事業の受け入れ環境整備を行い、手ぶら観光カウンターの運用開始、手ぶら観光カウンターとして応募した補助対象事業者は平成30年3月31日までに手ぶら観光共通ロゴマークの認定を取得してください。

■ 補助金の交付は後払いです。
補助事業完了後、1か月を経過した日または補助事業完了年度の翌年度4月10日のいずれか早い日までに完了実績報告書を提出します。
その内容を確認したうえで、交付される補助金の額が確定して後払いになります。(実績提出後2~3か月後)


まとめ


上記でざっくり記載しましたが分かりずらい表現もあると思います。
まずはお気軽にご連絡下さい。
お電話にてお問合せする場合は下記画像リンクから直接つながります。
※スマートフォン・携帯電話のみ。
お問合せ画像

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。