旅行業法改正でこう変わる ! 旅行業務取扱管理者編
法務


この記事の目次
旅行業務取扱管理者は、旅行会社の運営に必要不可欠な資格者です。

その仕事は、契約締結時の旅行者への説明や苦情の管理、旅程管理や計画など多岐に渡ります。 2017年の通常国会で成立した改正旅行業法では、この旅行業務取扱管理者に関する改革も盛り込まれています。

旅行業務取扱管理者制度に、どのような変化が起こるのでしょうか。


現在の旅行業務取扱管理者制度


旅行会社を営む場合、その営業所では必ず旅行業務取扱管理者試験という国家試験に合格した旅行業務取扱管理者を選任しなければいけません。

従来の制度では2つの取り扱い管理者制度が存在していました。総合旅行業務取扱管理者と、国内旅行業務取扱管理者です。 総合と国内の違いは、旅行業務を行う営業所で海外旅行を取り扱うかどうかです。

海外旅行を取り扱う場合、その営業所では必ず総合の管理者を選任する必要があります。会社として海外旅行を取り扱っている場合でも、営業所で海外旅行の取り扱いを行わない場合は、国内旅行業務取扱管理者の選任でも問題ありません。

改正前の旅行業務取扱管理者は、総合であれ国内であれ、複数の営業所を掛け持つことはできませんでした。 いわゆる兼任の禁止です。兼任をすると管理者への業務負担が増え、旅行の安全や旅行者の利便を図るといった旅行業法の目的を達成できなくなると考えられるためです。

また、旅行会社は自社の管理者に、旅行業協会が実施する研修を受けさせ、職務に関する必要な知識や能力を向上させる、努力義務があります。


旅行業法改正案で盛り込まれている新制度「地域限定旅行業務取扱管理者の創設」


今度の改正案では、総合・国内と2種類だった管理者に、新たに「地域限定旅行業務取扱管理者」が創設されます。

この地域限定の管理者になるためには、新しく創設される「地域限定旅行業務取扱管理者試験」に合格した人がなることができます。 地域限定旅行業などの特定地域でのみ旅行商品を販売する営業所について、その特定地域に限定した知識でのみ取得可能な試験となる見込みです。

なお、地域限定の管理者が旅行サービス手配業務取扱管理者になる場合は、一定の研修を受ける必要があります。
これは、総合・国内の管理者がそのまま旅行サービス手配業務の管理者になれるのと違うところですので、注意が必要です。

旅行サービス手配業務取扱管理者とは、ランドオペレーターとして登録している事業者の営業所で選任しなければいけない役職のことです。

ランドオペレーターについては下記記事をご確認ください。
「旅行業界必見「ランドオペレーター」が登録制に ! 無登録のオペレーターと取引した旅行業者は行政処分に」

この地域限定の管理者制度の創設によって、ホテルや旅館等の宿泊施設による地域体験あるいは交流型旅行商品の企画・販売が促進されると考えられています。


旅行業務取扱管理者の複数営業所での兼任解禁


前述の通り、旅行業務取扱管理者は複数営業所での兼任が禁止されていました。
今回の法改正では、ある一定の条件を満たす場合、この兼任禁止が一部解禁されることになりました。

一定の条件とは、兼任させようとしている営業所同士が近い距離にあるなど、国土交通省令で定められている場合です。国土交通省令は、旅行業法改正案が可決した後具体的に明らかになる予定です。

ただし、明らかに兼任させることで管理者の業務負担が重たいものになるおそれがあるとされる場合には、兼任は認められません。


旅行業務取扱管理者の定期的な研修の実施


旅行会社は管理者の職務上必要な知識や能力を向上させるために研修を受けさせることが努力義務となっていました。

改正案では、3年から5年の期間ごとに、これらの研修を受けさせることが義務になっています。義務を果たさない場合、観光庁長官により、研修を受けさせる義務を果たすように勧告・命令が下されますが、命令に従わない場合は30万円以下の罰金が科せられます。

具体的に何年ごとに研修を受けるのかについては、法案可決後、国土交通省令によって定められます。


まとめ


「インバウンド旅行は今後《都市から地方へ》の流れが加速していくのは間違いありません。 地域限定旅行業は、地域密着型旅行会社の旅行商品をアピールする強力な武器になっていきます。 今回創設される地域限定旅行業務取扱管理者は、その地域密着型観光を強力に推進していく1つのツールです。

当事務所は地域密着型旅行会社様に対して書類の作成だけでなく、法務的な視点などからトータルサポートをさせていただいております。

ご不明点や疑問点などございましたら、ぜひお気軽に旅行業の専門家である当事務所へご相談ください。」

参照 : 行政書士やちだ事務所 谷内田 真也 (やちだ まさや)のページ

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。