テレワークを利用する就労者の3つのメリット
経営


新型コロナウイルス感染症の影響による外出自粛や働き方改革の一環として、テレワークの導入が全国の企業において必要とされています。
テレワークの導入は企業にとって業務効率の向上等のメリットがあるだけでなく、就労者に対してもメリットのあるものです。
今回は、テレワークを利用する就労者のメリットを、3つご紹介致します。

この記事の目次

1.ワーク・ライフ・バランスの向上

ワーク・ライフ・バランスという言葉を耳にする機会が増えています。これは、仕事と個人の生活を調和させることによって、仕事も生活も充実させていこうとする考え方です。

仕事に注力をしてしまい、私生活が満たされない場合には、同じ仕事内容であっても、ワークに掛ける時間を削減することや、労働時間の選択の裁量をもつことが、ワーク・ライフ・バランスの向上を目指す一助となります。このワークに掛ける時間を削減することや、労働時間の選択を可能とするのが、テレワークです。
テレワークを実施することによって、時間や場所の制約にとらわれずに仕事をする可能性が高まり、就労者の裁量の範囲が広がることになります。また、在宅勤務の場合には通勤時間がなくなることによる余裕時間の創出が可能であり、モバイル勤務においても、オフィスに出勤せずに直行直帰による働き方が常態になると、通勤時間は短縮されます。仕事の効率性が上がることによっても、仕事時間が短縮される可能性もあります。

一方で、私生活の事情により、仕事に就きたくても就けない人もいます。この場合においてもワーク・ライフ・バランスが保たれているとはいえません。例えば、育児や介護等により、拘束時間の長い仕事や、指定された勤務場所での就労が難しい人がいます。

このような長時間の拘束時間や指定された勤務場所の問題を解決するのも、テレワークです。上記のようにテレワークの実施により時間や場所の制約にとらわれずに仕事をする可能性が高まると、従来の一般的な働き方である勤務場所に赴き、決められた時間に仕事をする、というような働き方が出来ない人であっても、例えば育児中の人であれば子供が就寝後の時間に自宅で仕事を行う、介護中の人であればケアサービス利用時の短時間内に仕事を行う等の方法で、労働市場に参加することが出来、ワーク・ライフ・バランスの向上をさせることが期待することが出来ます。

2.通勤による肉体的、精神的負担の減少

テレワークの実施による通勤時間の削減は、ワーク・ライフ・バランスの向上のみならず、その通勤に係る肉体的、精神的負担の減少をすることが出来ます。

特に首都圏では、多くの人が1時間以上電車やバスの公共機関を利用して通勤を行っています。公共機関の混雑により立ち続ける肉体的疲労、見ず知らずの人と至近距離で公共機関を利用しなければならないこと、また昨今では新型コロナウイルス感染症の罹患に注意を払うことの精神的負担は大きいものです。この負担を軽減することが出来るのが、テレワークです。

3.地域コミュニティへの参加機会の増加

テレワークの実施による仕事に掛ける時間の削減や労働時間の選択の裁量をもつことは、ワーク・ライフ・バランスの向上のみならず、地域コミュニティへの参加機会の増加にも繋がります。

例えば、町内会行事やボランティア活動、子供の学校行事等、これまで参加することの出来なかったコミュニティに参加をする機会の増加が期待をすることが出来ます。

4.まとめ

上記のように、テレワークは導入する企業のみならず、就労者にもメリットのあるものです。従来とは違う働き方であることに対して、とまどう人もいらっしゃるかもしれませんが、企業に導入がされた際にはご利用をしてみてはいかがでしょうか。
ご不明な点がございましたら、身近な専門家に相談されることをお勧め致します。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。