ものづくり補助金
経営


ものづくり補助金とは「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」のことで、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。

また、業況の厳しい事業者や、デジタル・グリーン分野で生産性向上に取り組む事業者に対して、通常枠とは別に、[回復型賃上げ・雇用拡大枠] [デジタル枠] [グリーン枠]を新たに設け、補助率や補助上限額の優遇により積極的に支援する補助金です。本補助金では、設備投資が必須となります。設備投資は、必ず単価50万円(税抜き)以上の機械装置等を取得して納品・検収等を行い、適切に管理を行ってください。

※参考:
「ものづくり補助事業公式ホームページ」

この記事の目次

機械装置とは

① 専ら補助事業のために使用される機械・装置、工具・器具(測定工具・検査工具、電子計算機、デジタル複合機等)の購入、製作、借用に要する経費

② 専ら補助事業のために使用される専用ソフトウェア・情報システムの購入・構築、借用に要する経費

③ ①若しくは②と一体で行う、改良・修繕又は据付けに要する経費 のことを言います。

補助上限 一般型

[通常枠] 750万円~1,250万円
[回復型賃上げ・雇用拡大枠] 750万円~1,250万円
[デジタル枠] 750万円~1,250万円
[グリーン枠] 1,000万円~2,000万円

補助率

一般型 [通常枠] 1/2 小規模事業者等 2/3
[回復型賃上げ・雇用拡大枠] 2/3
[デジタル枠] 2/3
[グリーン枠] 2/3

補助要件

【基本要件】
以下を満たす3~5年の事業計画の策定及び実行
・付加価値額 +3%以上/年
・給与支給総額 +1.5%以上/年
・事業場内最低賃金≧地域別最低賃金+30

ここまでの事を簡単に言い換えると

生産性が上がる機械や設備を導入・開発する場合、750万円を国から補助しますという制度になります。


※従業員数や申請の類型により異なる

以下の業務生産性が向上する機械や設備に対して補助金が支給されます。
※あくまで一例になります、機種や状況によりましては認められないケースもございます。

・ドローン
・自社専用の社内システム構築全般
・3Dプリンター
・ファイバーレーザー溶接機械
・三次元レーザー切断機
・食品製造工程における自動包装機
・超精密研削加工装置
・高性能CNC旋盤
・自動計測機
・自動野菜洗浄機
・急速冷凍庫
・高精度CNC三次元座標測定機
・最新刃曲げ機導入
・歯科用CT診断装置
・自社の業務効率化を図るマッチングサイト構築
・自社生産ラインの生産性向上に寄与する機械設備全般 など


つまり、こちらも簡単に言い換えるとこれらは生産性が上がる機械や設備ということになります。

詳細な具体例

夫婦で営業するカフェが「クッキー生地の食べられるコーヒーカップ」を開発。補助金を活用して「可食容器製造機械」を導入したところ、生産能力は10倍、生産コストは10分の1に。
“インスタ映え”すると話題になり、全国チェーン店で流通するほどの大ヒットとなり大幅な売上拡大に繋がった。

自社にて、これらに該当する機械や設備を導入される予定の方は是非一度ご相談ください。そのお悩みは補助金で解決できます。(相談料初回30分無料)

補助金を使用して実質66%~75%OFFで購入しませんか

※購入の目的や従業員数で使用できる補助金が変わります。

また、機械設備を取り扱っているメーカーや代理店の方もお気軽にご相談下さい。御社の取り扱っている商材を取引先へ補助金を使用してもらい販売しやすい体制にすることが可能です。

この件で何かお尋ねしたいことが、どうぞお気軽にお問い合わせください。

神奈川県川崎市多摩区の補助金専門の行政書士 土田経営事務所

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。