なぜITは導入するだけではダメなのか
経営

こんにちは。DIGIPRO代表の松葉です。
近年の事業活動において、業種を問わずITを使わない事はまずないでしょう。
今回は企業におけるIT導入、活用の悩みと解決策についてお話します。
本記事はある程度、事業が組織化されている状況を想定していますので、個人事業、数人での小規模経営の方には当てはまらない場合がありますので、予めご了承下さい。

この記事の目次

IT導入における悩み

ITの導入って難しいという声を伺うことが多くあります。
皆さんの会社で、この様な状況を見たこと、経験した事はないでしょうか。

・最新のITを導入したのに、想像していた効果がでない・・・
・思い切って高いお金を払ったのに従業員からの評判が悪い・・・
・誰でも簡単にできると言っていたのに、複雑で使われない・・・

実は、この様な経験をしている事業者は思いのほか多いのが現状です。
事実、IT導入している企業の約3割が「ITの導入効果が分からない」と回答しています。(※平成30年中小企業白書より)

なぜITを導入したのに効果が感じられないのか

最新の洗濯機を購入したのに、全然汚れが落ちない。
自動車を購入したのに、全く走ってくれない。
飲食店で注文したものと、全く違うものが提供された。 こんな話はまず聞いたことがありません。
なのに、期待した効果が出ないという事はITでは頻繁に発生します。
しかし、この例も実際は正しくありません。
ITでも物凄く効果を感じて使われているものがあります。
ECサイト、SNS、グループウェア などなど
この差は何なのでしょうか。

多くの場合、ITを導入しただけでは期待していた効果が得られません。
一番多く見られるケースは、「業務のやり方をそのままにして、作業をITに置き換えただけ」というものです。
これは、ITを家電製品と同一視しているパターンで、過去のIT開発・導入ではよく見られたものです。
「このシステムを導入すれば、XX人の要員が不要になります」
「手作業で作成していた帳票がシステムで出力できる様になります」
といった、例がこのパターンです。

ITが一般的でなかった時代であれば、そういったニーズも多くありました。
しかし、現状においてITだけで人員が大きく削減できるといったケースは少ないでしょう。 一部あり得るケースは、単純作業だが人でないと出来なかったことの代替えといったケースでは効果を発揮しますが、これも部分的な解決策でしかありません。

ITで期待した効果を得るには

現在のIT導入で十分な効果を得ようとすれば、「ビジネスの姿を描きなおす」ことが必要です。

・自社のビジネスがどういう姿に変わることで顧客への価値提供を高める事を目指すのか
・自社のビジネス構造をどこから見直したら良いのか、経験と勘ではなくデータをつかって皆で考えられないか


といった、「将来の絵姿」を描いたうえで、ではそれを実現するためにITが使えないか?と考える必要があります。

ITはツールなので、適切な状況に適切なITを使うことで効果が最大限発揮されるようにできています。
引っ越しにスポーツカーを使っても効率は上がりません。
休みの日の朝の目覚まし時計は邪魔でしかありません。
個人が利用するITは便利な機能、楽しい機能があれば良いです。
しかし、ビジネスで利用するITはそういう訳にはいきません。

「ITがビジネスを勝手に革新してくれる」という妄想から離れて、自社のビジネスをどうしたいか
その問いこそがIT活用によるビジネス強化のスタートになるのです。

システムは導入したいが・・・

なるほど!分かった!
しかし、まだ悩みがあります。
業務のやり方も変えるし、システム導入を行いたいと考えているが、「どのシステムを選んでよいか分からない」という声も良く聞かれます。
確かに、似たようなシステムが沢山ありますし、どれも良さそうに見えます。実際、よいシステムは世の中に多数あります。

では、どうやって決めれば良いでしょうか。
この悩みは、相談できる専門家に依頼しましょう。
ここで言う専門家というのは、システムを作っているベンダー、メーカーの事ではありません。
貴社の事を聞いて、何を解決したら良いか、という事を整理できる第3者的立場の人のことです。
私もそういった所を強みにしているITコンサルタントです。

まず、業務においてどの様な課題があり、どの様な姿になりたいのか。
どの点をITで支援し、解消できるのか。
といった事をヒアリングし、整理していきます。
その上で、適正なIT商材、事業者を選定したり、時には提案を求めたりして、ギャップが起きない様に進めていきます。

自社でIT製品を探す時間、複数の商材を比較する時間、必要な機能を整理する時間、見積りを取る時間、といった手間が省けるでしょうし、自社の業務課題を洗い出すというのは、言葉では簡単そうに聞こえますが、かなり時間と労力とスキルを要する領域になります。

システムの導入や更新は1つの会社において、頻繁に起きることではありません。
そのため、事業者においてIT導入のノウハウや経験を持った人材がいない事の方が多いのです。
導入ノウハウを知らないまま、商材を選んだり、ベンダーに開発を依頼するので、期待したものと違ったものが出来てしまうのです。

商材や掛けられるコストによって出来ること、出来ないことが必ず発生します。
全てにフィットしたシステムを求めたシステムは、莫大なコストがかかると同時に、使いにくいものにもなってしまいます。

自社にとって優先度の高い課題は何か、どれが解消できないといけないか、それらを整理できる専門家と一緒にITを選ぶことで「わからない」や「不安」、「期待した効果が得られなかった」といった事が無くなるでしょう。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。