「一般労働者派遣事業」から改正後の「労働者派遣事業」への転換手続とは?
労務


現在、労働者派遣申請で殺到しているのは「特定からの切り替え」ですが、一方で、すでに「一般労働者派遣事業」の許可をとって派遣業を営む事業者の場合、どのような手続きを経る必要があるのでしょうか?本稿では、意外と盲点となっている「一般」からの法改正対応について解説することにしましょう。

この記事の目次

今さらながら、派遣法改正で許可基準はどう変わった?


平成27年の労働者派遣法改正によって大きな影響を受けたのは、平成30年9月30日を以て廃止が決定された「特定労働者派遣事業」です。しかしながら、許可基準においては、従来許可制だった「一般労働者派遣事業」になかった要件が追加され、より厳しいものとなっています。具体的な項目は下記の通りです。

1. 厚生労働大臣が定める基準を満たす派遣労働者の「キャリア形成支援制度」を有すること。

2. 教育訓練等の情報を管理した資料を労働契約終了後3年間は保存していること。

3. 無期雇用派遣労働者を労働者派遣契約の終了のみを理由として解雇できる旨の規定がないこと。また、有期雇用派遣労働者についても、労働者派遣契約の終了時に労働契約が存続している派遣労働者については、労働者派遣契約の終了のみを理由として解雇できる旨の規定がないこと。

4. 労働契約期間内に労働者派遣契約が終了した派遣労働者について、次の派遣先を見つけられない等、使用者の責に帰すべき事由により休業させた場合には、労働基準法第26条に基づく手当を支払う旨の規定があること。

5. 派遣労働者に対して、労働安全衛生法第59条に基づき実施が義務付けられている安全衛生教育の実施体制を整備していること。

6. 雇用安定措置の義務を免れることを目的とした行為を行っており、都道府県労働局から指導され、それを是正していない者ではないこと。

出典 : 東京都労働相談情報センター「平成27年派遣法改正のポイント_第2労働者派遣事業の許可制への一本化」

なお、資産要件に係る小規模派遣元事業主への配慮措置は、現在、特定労働者派遣事業からの切り替え時のみに認められています。よって、これから新規に派遣業を開始する場合、現状「一般労働者派遣事業」の許可を受けている場合は、必ず原則の資産要件を満たす必要があります(配慮措置の対象外)。

参考 : 厚生労働省『「労働者派遣事業の許可基準の改正」の概要について』

一般労働者派遣事業の有効期間内は、現在の許可のままで事業継続が可能


許可基準の改正に伴い、「早急に対応しなければならないのでは?」とお悩みの事業主様がいらっしゃいますが、すでに「一般労働者派遣事業」の許可を取得されている場合、有効期間内は問題なく派遣事業を行えます。冒頭でも触れたとおり、今すぐに対応いただく必要があるのは届出制の「特定労働者派遣事業」からの切り替えです。「特定」の区分は、平成30年9月30日に廃止されることが決まっています。

一般労働者派遣の事業主様が今後、法改正対応としての許可の転換をされるのであれば、「有効期間満了の3ヵ月前までの申請」が目安となります。ただし、前章の通り、法改正によって許可基準が新しくなりましたので、念のため早期に確認されておくのが得策です。

参考 : 厚生労働省マニュアル「許可基準」

キャリア形成支援への対応は、「事業報告書」にて報告することになっています


今すぐに転換の必要がなくとも、キャリア形成支援への対応が不十分であれば、早めに着手しなければなりません。平成27年9月30日施行の労働者派遣法において、キャリア形成支援への対応は派遣元事業主の義務となっています。
法改正に伴い追加された「キャリアコンサルティング」及び「キャリアアップに資する教育訓練」に係る報告は、労働者派遣事業報告書『年度報告、6月1日現在の状況報告』でしなければなりません。

事業報告書の提出は例年6月中に行うもので、平成30年は7月2日が期限となっています。現状、キャリア形成支援制度が十分に構築されていない事業所では、今すぐに検討を開始し、派遣労働者に対して必要な教育訓練を実施する必要があります。

参考 : 東京労働局「労働者派遣事業関係_4 事業報告等について」

まとめ


派遣業許可申請について、本稿では切り口を変え、「一般からの転換」の観点で解説しました。該当する事業所では、改正法対応として必要なことを検討し、確実に処理を行えるようにしましょう。「初めてのことでよく分からない、不安」という場合には、SHARES公認の社会保険労務士にご相談ください!

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。