平成30年5月15日より受付開始! 東京都独自奨励金「働くパパママ育休取得応援事業」の詳細をチェック
労務


SHARES LABでは以前、東京都の独自助成として「働くパパママ育休取得応援事業」をご紹介しました。

先日、事業の詳細が公開され、平成30年5月15日から申請受付が開始されましたので、さっそくチェックしましょう!

この記事の目次

「働くパパママ育休取得応援事業」とは?


「働くパパママ育休取得応援事業」は、東京都の小池百合子知事の提唱により、平成30年度に新しく開始される取り組みのこと。具体的には「働く男女の長期の育児休暇取得を可能にするため企業に奨励金を支給する事業」を新設することで、女性の社会参画促進と男性の子育て参加に向けた支援が行われます。

「働くパパママ育休取得応援事業」では、都内在住で都内に本社・事業所のある企業に勤める男女を対象に、「働くママコース」と「働くパパコース」のそれぞれのコースが設定されています。

働くママコース(奨励金額 125 万円):1年以上の育児休業取得+育児中の雇用継続に向けた環境整備


<対象企業>
対象労働者が在籍し、育児中の雇用を継続するための環境整備を行った都内中小企業
※大企業は対象外です

<対象労働者>
・都内在住であること
・1年以上の育児休業を取得し、平成 30年5月15日以降に原職等に復帰していること
・復帰後3ヵ月以上継続雇用されていること

<環境整備のための取り組み>
① 育児・介護休業法に定める取り組みを上回る、以下のいずれかの制度を、 平成30年5月15日以降に就業規則に定めること。
ア.育児休業期間の延長
イ.看護休暇の取得日数上乗せ
ウ.時間単位の看護休暇導入
エ.育児による短時間勤務制度の利用年数の延長
② テレワーク制度を就業規則に定めること。
③ 育児休業中の従業員に対して、復帰支援の面談を1回以上実施すること
及び復帰に向けた社内情報・資料提供を定期的に実施すること。
①にある制度をすでに就業規則に定めている企業においては、「現状取り組んでいない制度について新たに就業規則に規定する」もしくは「すでに実施しているものをさらに手厚い内容となるよう整備・規定する」ことで対応できそうです。


注意が必要なのは、育児中の労働者に対し、法定を上回る内容の制度を設ける他、「テレワーク制度」の規定の必要まで盛り込まれていることです。「新たな働き方の創設」ということで制度作りに時間を要しそうなことから、対象労働者のいる都内中小企業で、本奨励金の申請を検討される場合には、お早目に社会保険労務士にご相談ください。

働くパパコース(奨励金額25万円~最大300万円):育児休業の連続 15 日以上取得


<対象企業>
対象労働者が在籍する都内企業
※大企業も対象となります

<対象労働者>
・都内在住であること
・平成 30 年 5 月 15 日以降に育児休業を開始し、連続 15 日以上取得した後、 原職等に復帰していること
・復帰後 3 か月以上継続雇用されていること


「働くパパコース」では、「大企業も対象となること」と「育休取得日数に応じて奨励金額が変動すること(連続15日取得の場合25万円、以降15日ごと25万円加算とし、上限300万円)」という点において、「働くママコース」とは異なります。

男性従業員の場合、とりわけ育児休業取得に伴いつきものなのが、「実態は休業せず、在宅で就労している」といった問題です。こうした状況では、正しく育児休業を取得しているとは言えませんし、当然、奨励金申請の対象とすることもできません。この機会に、育休取得希望者が生じた際の対応について、社内体制の整備に着手されることをお勧めします。

以上、参考: 公益財団法人東京しごと財団「働くパパママ育休取得応援事業の受付を開始 します」
その他、募集要項や申請様式等の詳細は、下記よりご確認ください。

参考: 公益財団法人東京しごと財団「働くパパママ育休取得応援奨励金_募集要項・申請様式等」

助成金申請時には「労務管理の見直し」が必須


今号では、平成30年度の東京都独自助成「働くパパママ育休取得応援事業」の詳細をご紹介しました。本奨励金の申請に向けて、つい「育休に関わる取り組み」にばかり着目しがちになりそうですが、「適正な労務管理が行われているかどうか」も重要な要素となります。

支給要項には、「適正な賃金支払(最低賃金、固定残業代)」や「時間外労働」についての要件が具体的に記載されています。この点ももれなく確認し、御社が対象となるかどうかを判断しましょう。

また、育児・介護休業法については度重なる法改正が行われているため、御社の育児・介護休業規程が現行法に合った内容のものであるかの確認も不可欠です。
育児・介護休業規定の整備、助成金申請は、社会保険労務士までお気軽にご相談ください。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。