「同一労働同一賃金」が2020年4月(中小企業は2021年4月)より適用 体制整備に向けたマニュアルを要確認!
労務


2019年4月から始まった働き方改革関連法の施行により、今後、日本企業での働き方は確実に変わります。 正社員とパートタイム・有期雇用・派遣労働者との不合理な待遇差を禁止する同一労働同一賃金については、大企業で2020年4月、中小企業で2021年4月より適用となりますが、このたび厚生労働省より『不合理な待遇差解消のための点検・検討マニュアル』が公開されました。 正規・非正規間の待遇差是正は、労働者個々の処遇に直接影響を与えるものであるため、対策は一朝一夕には進みません。「まだ先のこと」と捉えず、今からしっかり準備を進め、対応に備えるのが得策です。

参考:厚生労働省「不合理な待遇差解消のための点検・検討マニュアル(業界別マニュアル)」

この記事の目次

同一労働同一賃金について、「共通編」と「業界別」で具体的な検討を進めよう


今回公開された同一労働同一賃金マニュアルは、「共通編」と「業界別」編のそれぞれで、企業における具体的な対応策を解説するものです。 「共通編」では主にパートタイム・有期雇用労働法の解説、不合理な待遇差を点検・検討する枠組みや留意点を確認した上で、具体的な点検・検討手順を考えていきます。

マニュアルによると、同一労働同一賃金は下記の4段階で検討を進めていくよう紹介されています。

第一段階

社員タイプ等の現状・「均等待遇」、「均衡待遇」の対象となる労働者を確認する
・契約期間、労働時間の観点から、現行の社員タイプの特徴を整理する
・短時間・有期雇用労働者の存在の有無を確認する
・「均等待遇」の対象と「均衡待遇」の対象となる短時間・有期雇用労働者を確認する

第二段階

社員タイプごとに待遇の現状を整理し、待遇の違いを確認する
・短時間・有期雇用労働者の社員タイプ別に待遇の種類と個々の待遇の決定基準を確認する
・個々の待遇ごとに「適用の有無」と「決定基準」について通常の労働者との違いがあるかを確認する

第三段階

待遇の「違い」が不合理か否かを点検・検討する
・当該待遇の「性質・目的」を確認・整理する
・「性質・目的」に照らして判断要素を特定し、「違い」について適切な説明ができるかを検討する

第四段階

是正策を検討する

業界別マニュアルでは、スーパーマーケット業界編、食品製造業界編、印刷業界編、自動車部品製造業界編、生活衛生業編、福祉業界編が公開され、『「職務の内容」「職務の内容・配置の変更の範囲」の同一性の判断例』について各業界に特化した内容が紹介されています。このあたりは、御社における具体的な取り扱いの妥当性を検討する上では、特に参考になる情報です。

「労働者派遣業界編」では、派遣労働者の待遇決定に関わる2つの方式を理解する

『不合理な待遇差解消のための点検・検討マニュアル』では、パートタイム・有期雇用労働者の他、派遣労働者の待遇見直しに関わる資料も公開されています。派遣労働者の待遇決定方法については「派遣先均等・均衡方式」と「労使協定方式」のいずれかを採用することとされていますが、マニュアルでは各方式についての概要、方式決定のポイントが解説されています。

同一労働同一賃金を考える上で、今一度見直したい「各種手当」


正規・非正規間の不合理な待遇差が生じやすいポイントとしては、「各種手当」が挙げられます。基本給の差については、「職務の内容」「職務の内容・配置の変更範囲」に応じた合理的な説明がつくことが多い一方で、「手当」については単に「正規・非正規」の差で支給の有無が決定されるケースが多いのではないでしょうか?

マニュアルでは、各手当についての性質や目的を見直す手順が解説されている他、判例を元に「問題となる例」「問題とならない例」が具体的に挙げられています。

まとめ

これまで、単に「正社員だから」「パート、アルバイトだから」との理由で当然のように設けていた待遇差も、今後は禁止され、合理的な理由が求められるようになります。御社では対応を進めているでしょうか?
まずは今号でご紹介したマニュアルから、同一労働同一賃金への理解を深めましょう!

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。