2019年度厚生年金保険・健康保険算定基礎届(定時決定) 書き方&注意点を解説
労務


関東地方は今年も梅雨を迎え、シトシト雨模様の日が続いています。さて、雨の季節が始まると、そろそろ「算定基礎届に取り掛からなければ」と考え始めるご担当者様もいらっしゃるかもしれませんね。

今号では、2019年度社会保険算定基礎届をテーマに、書き方と注意点について解説することにしましょう。

この記事の目次

2019年度算定基礎届も提出期間は例年通り7月1~10日

算定基礎届とは、年に一度、厚生年金保険・健康保険に関わる保険料算定の基礎となる「標準報酬月額」を見直すための届け出のことです。7月1日現在で使用する全ての被保険者及び70歳以上被用者(※)に対して4~6月に支払った賃金を届け出ることで、その年の9月から翌年8月までの標準報酬月額が決定されます。

※ただし、以下のいずれかに該当する方については、算定基礎届の対象外となります

(1)6月1日以降に資格取得した方
(2)6月30日以前に退職した方
(3)7月改定の月額変更届を提出する方
(4)8月または9月に随時改定が予定されている旨の申出を行った方



届出用紙については、5月中旬頃までに届出された被保険者の氏名、生年月日、従前の標準報酬月額等が印字されたものが、社会保険の適用事業所宛に例年6月下旬までに送付されますので、ご確認ください。

提出期間は例年通り7月1~10日となっていますので、忘れずに手続きをしましょう。

算定基礎届の書き方の基本


出典:日本年金機構「算定基礎届の記入・提出ガイドブック 令和元年度」

算定基礎届には、被保険者各人について、

* 4月・5月・6月の各月に受けた報酬の支払基礎日数
* 各月に支払われた通貨による報酬および現物支給されたものを通貨に換算した額
* 各月の合計報酬額
* 1ヵ月あたりの平均報酬月額


を記入します。
原則の記入方法は上記図の通りですが、

・支払基礎日数に17日未満の月があるとき
・短時間就労者(パートタイマー)であるとき
・給与の支払対象となる期間の途中から入社したとき
・休業中のとき


等、例外的なケースについてはガイドブックを確認の上、記入を進めましょう。

2019年度算定基礎届 注意点は「月額変更(随時改定)」対象者の取扱い

2019年度の算定基礎届より、「7月月額変更者」及び「8月、9月の月額変更予定者」については算定基礎届の届出を省略することができるようになりました。

具体的な取り扱いとしては、算定基礎届の報酬月額欄を記入せず、空欄とした上で、備考欄「3.月額変更予定」を○で囲むことになります。また、電子媒体申請および電子申請の場合は、「7月月額変更者」及び「8月、9月の月額変更予定者」を除いて作成します。

まとめ

算定基礎届の作成は決して難しいものではありませんが、7~9月の月額変更対象者がいる場合、年間報酬の平均で算定する必要がある場合等の取扱いには注意しましょう。年に一度のことではありますが、何かと手間取ることの多い労働保険年度更新と社会保険算定基礎届については、社会保険労務士をご活用いただくことで御社の業務効率化を図ることも可能です!

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。