優秀な人材をいかに効率よく採用するか ~人材の質を落とすことなく求人コストを押さえる方法~
労務


まず、最初に間違えやすい用語を確認させていただきます。
ハローワークの利用法パンフなどを見ていますと、あれ?と一瞬分からなくなることもありますので、ご注意下さい。
人材業界において、「求人者」とは企業のこと。
「求職者」とはお仕事探しをしている個人のこと。
うっかり「求人」がお仕事探しをすること、と勘違いされることもありますが、人材を探しておられる皆様方の会社は、求人者サイドですね。

この記事の目次

1.これまでの諸問題

求人にコストがかかりすぎる原因として、以下のようなことが考えられます。

①インターネットを介した民間の求人媒体への掲載料が高額であった
②一方で、無料のハローワークではなかなか優秀な人材が来てくれない


この①と②が相対立して、中小企業ではなかなか優秀な人手が集め難い傾向がありました。採用コストをバンバンかけられる大企業ばかりが優秀な人材を確保してきました。

2.動き出したいくつかの解決法

①ハローワークが使い勝手を改善しようとしている
②民間の職業紹介媒体にも、格安で利用できるツールが出来はじめた


これまでハローワークに載せているだけではなかなか人材が集まらないのにはいくつかの理由がありました。
これは裏話になりますが、ハローワークの求人データの中には、本当に急いで求人してるとも限らない案件がたくさん含まれていたのは事実です。

悪い言葉ですが人材業界では「カラ求人」と呼んでいます。求職者さんも、どうせハローワークじゃいい会社はみつからないだろう、という先入観にも繋がったのかもしれません。一方で民間の求人サイトはそれなりにコストをかけて掲載している企業ばかりなわけですから、本気度がそもそも違っていたのですね。しかし、そのあたりにも動きが出始めました。

3.ハローワーク利用法が改善するかも

既に耳にされた方も多くいらっしゃると思いますが、来年からハローワークの利用法が変わります。かいつまんで説明しますと、

①いちいちハローワークに出向かなくても会社から求人を申し込めるようになる。(ただしいくつかの例外はあります)
②「求人者マイページ」というサイトが与えられ、応募状況を会社独自で管理できるようになる
③紹介状の確認や、面接の結果などを「マイページ」経由で行えるようになる
④求職者もマイページを作成していれば、メッセージ機能も使用できる
⑤スカウト機能―スカウトされることを希望している求職者に対しては直接スカウトも可能になる


どうでしょう。
⑤などはかなり画期的な変革だと思われますが、定着するまでには時間がかかるかもしれません。しかし、こんな便利になるなら使わない手はないですね。タダですから。

詳しくは厚労省サイトへ

4.民間の求人媒体にも格安の利用法がある

なかなか知られていない知識だと思いますが、Indeedのロボットはハローワークの求人データを収集(クローラ)しています。 運が良ければ、ハローワークに掲載した求人がそのままIndeedにも求人広告が出ます。ロボットが探して掲載された分に関しては掲載料無料です。

「Indeedで見ました!」と問い合わせる求職者も多いそうですので、いきなり御社に電話があっても驚かないようになさって下さい。
知らない企業は「うちはそんなことに載せていません!」と不審がられるようなのですが、これはロボットのせいですね。

また、Engageという業者を介しても無料の求人広告を掲載することができます。Engageは近々、Lineと提携するようですので、あくまでも予想ですが効果は大きいと思います。

これらの無料のツールを使用されることにより、求職者の目に留まるチャンスは従来型の「ハローワークに出しておく」方法よりは効果絶大だと思います。
両方のメリットをうまく利用されるのが最良だと思います。

また、特にロボットのクローラを待つまでもなく、Indeedに手入力で直接、企業の人事の方が求人広告を掲出することもできます。無料でも結構ですし、検索順位を上げたければ月額数万も払えば求職者の問合せは来ます。そのあたり、誤解の生じないよう業者と打ち合わせが必要だと思います。私の個人的経済感覚ですが、大手の求人媒体に掲載するよりは、はるかに低コストで済みます。

ここで大事なのは、従来型のハローワークへ出しておく…姿勢からちょっとした変革が必要だということです。
どんどん皆様の会社の働きやすい点、魅力的な仕事である点などを、求職者の目に留まるようアピールする必要がありますね。 私の経験では、労働条件や待遇より、どれだけ人の役にたつ仕事であるか、将来的に自分のキャリア上昇に繋がるか、などが訴求ポイントだと思います。

また何よりも大事なことは、会社のウェブサイトに「採用」というページを作成することです。これがおざなりであってはいけません。

5.まとめ

社会保険労務士事務所・労務管理のヒューマントレンド代表をしております私(吉澤)は人材紹介業のライセンスも取得しておりますので、企業様に代わりまして、格安の求人媒体への利用を、企業様の手を煩わせることなく代行することも可能です。
IndeedとEngageへの広告掲載を代行させていただきます。社会保険労務士ですので、労働条件や待遇などチェックは抜かりなく、採用後の定着支援にも対応しております。優秀な求職者さんの目に留まるような魅力的な求人を一緒に作成しませんか?

雇用関係助成金にまつわるちょっとした誤解

一般に共有されている知識としては、ハローワークを介して雇用した従業員にしか助成金の対象にならないと思われてきました。 そんなことはありません。たとえばトライアル雇用助成金なども「ハローワーク等職業紹介事業者」を介して雇用した従業員…ですから、民間の人材業者も含まれています。つまり「親戚や知り合いから紹介された人」でなければ構わないわけです。

その他、いろいろ勘違いもあると思いますので、助成金を活用しての採用を検討しておられる企業様は、まず厚生労働省のサイトをご確認いただくことをお勧めいたします。もちろん「Indeedで見ました!」と応募して来られたハローワーク経由の採用であっても何ら問題ありません。

詳しくは厚労省サイトへ

では、働く人と会社にとって明るい未来でありますように。
社会保険労務士・吉澤佐代子(この件に関しましては無料の質問をお受けしております)

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。