試用期間と有期雇用契約期間の違いとは。前提も、契約終了の扱いもまったく違う!
労務


社員を初めて雇う際、採用時の見込み違いで、会社に合わないというリスクを事業主は背負うことになります。当然、会社に合わないから簡単に解雇するというわけにはいきません。

そこで、採用者が会社に合う人かどうかを見極めるためのお試し期間を設けることがあります。これを一般的に試用期間と言います。 あるいは、最初は有期雇用契約という形で終了日を設けて契約を行い、会社に合うようであれば、契約を更新するか、正社員転換するという方法もあります。
この2つの方法は、混同されることも多いのですが、契約の目的からして全然違います。今回はこの2つの契約形態の違いについて解説いたします。

この記事の目次

1、試用期間と有期雇用契約では前提条件が違う。

試用期間の前提は、試用期間後も雇い続けることです。つまり、正社員の試用期間であれば、試用期間中から正社員とみなすことができます。

同じ契約の中で働いてもらうことになるので、後に述べる試用期間後の本採用拒否はもちろん、試用期間後に思ったより能力が低いという理由で給与を減額することも原則はできません。

一方で有期雇用契約、つまりわざわざ期限をつけて契約するということは、お仕事がその期間しかない前提となります。ずっと続くような仕事であれば正社員で雇えば良いわけで、そもそもお試しで有期雇用の契約にする、というのは考え方としては合いません。

もっとも、有期雇用契約でその仕事をしてもらったら、とても優秀だったので、他の仕事もしてもらいたい、というのは合意の下にOKです。有期契約であるということは、期限が終わったら雇用契約を終了することが基本なのです。

2、試用期間と有期雇用契約では雇用契約の解除の考え方が違う。

では、その方をそれぞれの契約で雇ったけど、期待に合わない、という場合はどうなるのでしょうか。

試用期間中とはいえど、契約としては続くということになるので、本採用拒否は事実上、会社都合解雇です。解雇には、一般的な社員と同様に「客観的に合理的な理由」と「社会通念上相当」であることが求められます。就業規則の解雇要件と照らし合わせ、かつ社会的に「それなら仕方ないよね」と言えるような状況ではないと、試用期間満了による本採用拒否は難しいということです。

ただ、試用期間中はこの「仕方ないよね」の部分が、一般的な正社員よりは判例などを見ると、ハードルが少し低いとも言えます。その能力の至らないところが、「解雇相当」なのかどうか、慎重に判断をしていただきたいです。

就業規則によっては、試用期間を延ばすことができるようになっている場合があります。試用期間を延ばし、本採用に至るまで教育するなど、本採用拒否を回避するために努力をしたかどうか、会社は問われます。試用期間の延長については、職業にもよりますが、1年程度が目安です。

なお、14日を超える試用期間満了による解雇の場合、1ヶ月前の解雇予告または解雇予告手当の支給が必要であることは言うまでもありません。

有期雇用契約の場合、まず雇用契約時に期間満了後の契約を更新するのかしないのか、あるいは条件により更新するのかを雇用契約書に明記します。条件により決定する場合は、どのような場合に更新を行うのかも明記してください。当初の期待はここに記しておきます。

そして、期間満了を迎える前に、その条件と照らし合わせたうえで、雇用契約を更新の有無を決定します。期間満了は解雇ではありません。契約を更新しない場合、その方の生活も鑑みて、満了の1ヶ月前には判断をして通知を行ってください。

期間満了前に契約を解除することは原則できません。会社側から一方的に契約解除するなら、それは解雇と同じ扱いになります。

3、試用期間と有期雇用契約のメリット・デメリット

これまで見てきたように、契約を終了させるという観点で言えば、有期雇用契約の方がハードルとしては低いことになります。また、中小企業の場合、有期雇用契約後に正社員転換させることで、キャリアアップ助成金などの助成金対象にできる可能性があります。この点から見ると、有期雇用契約で当初契約を結ぶことは有効であるように思えます。

しかし、採用時にはいかがでしょうか。試用期間ありの正社員と、有期契約社員の募集では、前者の方が採用希望者を多く惹きつけられるでしょう。正社員募集としつつ、有期契約社員で契約をするのは信義にもとる話です。

このことは会社に入った後のロイヤリティにも影響します。試用期間とはいえ社員待遇であることと、いつ契約満了で退職になるかわからないのとでは、仕事に対する身の入り方がまるで違ってくることは間違いありません。このことから考えると、その方を教育して長期的に雇う意向であれば、正社員として試用期間を設けて雇用する方が合理的と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
試用期間と有期契約雇用期間は、その目的も違えば、特に契約満了時の扱いがまったく変わってきます。そのメリット、デメリットを理解したうえで、契約方法を決めてください。

また、契約内容を会社、ご本人ともによく理解していないケースが散見されます。契約の無理解がトラブルの元となりますので、会社としての理解はもちろん、本人への説明も尽くしていただきたいところです。 個別の契約方法で迷ったら、ぜひ社会保険労務士にご相談ください。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。