ウィズコロナ時代の健康管理に!在宅勤務特有の疲労軽減に活きる「実践したい7つの人間工学ヒント」
労務


新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの企業が在宅勤務制度の導入に踏み切りました。通勤の必要がなく、自宅での就労が可能な在宅勤務は、労働者にとってまさに理想的なワークスタイル・・・と思いきや、在宅勤務ならではの困ったことも起こっているようです。
今号では、一般社団法人日本人間工学会公開の「実践したい7つの人間工学ヒント」より、在宅勤務特有の疲労対策に役立つノウハウをご紹介します。

この記事の目次

眼精疲労軽減と生産性向上のために、心がけたい「20-20-20 ルール」


自宅で一人黙々と仕事をしていると、つい時間を忘れてタブレットやパソコンの画面に向かっていたということも珍しくないのではないでしょうか?長時間、画面と向かい合って同じ姿勢での作業が続くと、目が疲れたり、身体が固まったような感覚に陥ったりし、健康上の問題につながることがあります。

こうした状況を改善するために、ヒント集では
① 「情報機器を使用する際、休憩を取るためのリマインダーとして 20 分ごとにアラームの設定」を推奨
② その上で「20 秒間 20feet(約 6m)以上離れたところを見る」ことで眼精疲労軽減を図るべき
としています。
また、この小休止の際に
③ 「長時間座っていたなら立った姿勢をとること」で筋⾁・運動器系の不快感を軽減させることができる
ことをアドバイスしています

集中していると、20分はあっという間に過ぎますが、適度にブレイクを入れ疲労を軽減させることで、生産性向上にもつながります。ぜひ、日常の心がけとして覚えておいてください。

頭痛、肩や首の痛みにお悩みなら、「Stop-Drop-Flop(ストップ・ドロップ・フロップ)」


衣服に火が付いた時の対処法として提唱される火災安全スローガン「Stop、Drop、Roll(⽌まって、倒れて、転がって)」を模した「Stop-Drop-Flop(手を止めて、置いて、ダラダラして)」は、スマホやタブレットを使う際の小休止の取り方を示すキーワードです。

図中で、肩のストレッチとして紹介されている「ネック・リトラクション(首の後退運動)」は、頸部の痛みや機能障害のある患者を治療するために⼀般的に行われている理学療法の手法とのこと。通常のストレッチと併せて、日頃から取り入れたいですね。

「座り姿勢 10 分+立ち姿勢 5 分」で作業にメリハリ


長時間同じ姿勢を保つことで、どうしても身体に負担がかかりやすくなり、肩こりや首、腰の痛みを誘発する原因となります。この点、座り姿勢と立ち姿勢を交互に行うことで姿勢変化を促し、適度に身体を動かすことであらゆる健康リスクを軽減させると良いでしょう。
なお、座っているときも立っているときも、作業面の高さは肘の高さまたは少し下になるようにすると、無理のない姿勢を保つことができます。

以上、出典:
一般社団法人日本人間工学会「タブレット・スマートフォンなどを用いて宅ワーク/在宅学習を行う際に実践したい 7 つの人間工学ヒント」

まとめ

在宅勤務導入に伴う、目の疲れや首・肩・腰の痛みなどの健康リスク発生が高まりをみせています。働く人の健康管理は、個人任せではいけません。
会社は、労働者への安全配慮義務として、適宜、在宅労働者の健康状態の把握、健康管理に関わる助言指導を忘れずに行ってまいりましょう。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。