大丈夫ですか?コロナ禍のメンタルヘルス 在宅勤務を導入する企業で配慮すべきこと
労務


新型コロナウイルス感染症の蔓延から一年。働き方や生活が様変わりしたことで、不安やストレスを抱える方が増えているようです。身体の病気は心に悪い影響をもたらす一方で、心のバランスの乱れが身体の病気につながることもあります。今号では、コロナ禍で重視したい「メンタルヘルス」、とりわけコロナ禍で急速に広がった在宅勤務を想定した場合に、従業員に向けて企業ができる工夫を考えてみましょう。

この記事の目次

コロナ禍で人の心にはどんな変化がもたらされたか?

新型コロナウイルスの影響で、程度の差こそあれ、私たちの心には変化がもたらされています。インターネット上ではストレスや不安の増減に関わる複数のアンケート結果を見ることができますが、媒体によって伝えられる状況は様々であることが分かります。
例えば、「在宅勤務となったことで対人関係のストレスが軽減した」ことをアピールするものがあれば、「外出自粛によって孤独感が一層強まっている」ことを伝える調査結果もあります。

一体何が本当なのか分からなくなる、自分だけが辛いのではないかと疑心暗鬼になることで、不安やストレスを感じる方も多いでしょう。
実際のところ、コロナ禍で生じた心の変化は十人十色。
しかも、在宅勤務の場合、従業員の顔を直接確認することができません。これを踏まえて、企業においては、あらゆる状況の従業員がいることを想定したメンタルヘルスケアに目を向けていく必要があります。

在宅勤務だからこそ、労務管理の徹底を

在宅勤務制度を導入しているといっても、制度がつくり込まれているというわけではなく、実際のところ労務管理等が従業員任せになっている現場を散見します。自由度高く働けることは、一見すると働く人にとってプラスのように感じられます。しかしながら、仕事とプライベートの区別がつきにくくなることがストレスやモチベーションの低下につながることは少なくありません。

ここで提案したいのが、あえて「労務管理を徹底すること」です。埼玉県のホームページには、「業務とプライベートの切り分け」として以下の取り組みが紹介されています。
必要に応じて、従業員にこうした工夫をアナウンスすることで、在宅勤務時の働きやすさ、オンオフの切り替えに良い効果があるかもしれません。

・業務の開始と終わりを自分に言い聞かせるために、勤務開始時と終了時に上司に連絡する。
・昼休みは自宅ではなく、軽く散歩など外出の機会に充てる。
・オフィス勤務時と同様に毎朝の身支度や身繕いはきちんと行う。
・緊急時を除き、勤務時間以外のメールや連絡は控えるようにする。


参考:埼玉県「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた従業員のメンタルヘルス対策について」

従業員に対して「通常運転」を求めない

従業員に在宅勤務をさせる上で事業主が心得ておくべきは、普段会社で行っている業務を在宅勤務でもそのまま行えるかといえば、必ずしもそうとは限らないということです。自宅で会社同様の就労環境を整えることは難しいですし、コロナ禍でモチベーション管理が一層難しくなることもあります。家族が在宅していれば、会社内とはまた違ったストレスが生じることもあるでしょう。

また、これまで煩わしいと感じていた通勤が意図せず運動不足の解消になっていた可能性があり、コロナ禍で一気に運動不足やコロナ太りに悩まされるようになる方も多く存在します。

コロナ禍におけるこうした様々な影響を加味し、「在宅勤務に対しては、オフォス勤務時と全く同じレベルのアウトプットを求めない」ことを前提に、「在宅勤務のデメリットではなく、そのメリットを周囲の者と共有すること」「在宅勤務で効果を上げるための方法をチーム間で常に考え実行する」といった工夫を講じてみましょう。

まとめ

新型コロナウイルス感染拡大は、程度の差こそあれ、すべての人の心と身体に何らかの影響をもたらしています。
「感染しなければ健康なはずだ」「感染リスクを低減させる働き方を提示できれば問題ないだろう」と考えるのではなく、こんな時だからこそ、企業としての気配りや働き方に関わる工夫についてしっかり目を向けていきたいですね。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。