育休延長の不認定事例多発!育休延長手続きに必要な「入所申込」について、労働者への適切なアナウンスを行いましょう
労務


2017年10月より、育児休業給付金の支給期間は最長で「子が2歳に達する日前」まで延長されています。ただし、1歳以降の育休延長は無条件に行われるものではありません。延長すべき事由を証明する確認資料の提出が求められるのですが、この確認書類の不備で育休延長が認められないケースが増えているようです。
会社側は、労働者と協働して育休申請を行う立場として、育休延長に必要な「入所申込」に関わるアナウンスを行えるようにしましょう。

この記事の目次

育休延長するために必要な「入所申請」とは?

育児・介護休業法上、労働者は、原則として子どもが1歳になるまでの間、育児休業の取得が認められています。ただし、1歳になる時点で保育所などに入所できない等、雇用の継続のために特に必要と認められる場合に限り、1歳6ヵ月まで(再延長で2歳まで)、育児休業を延長できます。

育児休業の延長を申請できるのは、以下①②のいずれかに該当する場合です。

① 育児休業の申出に係る子について、保育所(無認可保育施設は除く)等における保育の実施を希望し、申込みを行っているが、その子が1歳(再延長の場合は1歳6ヵ月)に達する日後の期間について、当面その実施が行われない場合

② 常態として育児休業の申出に係る子の養育を行っている配偶者であって、その子が1歳(再延長の場合は1歳6ヵ月)に達する日後の期間について常態としてその子の養育を行う予定であった方が以下のいずれかに該当した場合
・死亡したとき
・負傷、疾病又は身体上若しくは精神上の障害により育児休業の申出に係る子を養育することが 困難な状態になったとき
・婚姻の解消その他の事情により配偶者が育児休業の申出に係る子と同居しないこととなったとき
・6週間(多胎妊娠の場合にあっては、14週間)以内に出産する予定であるか又は産後8週間を経過しないとき(産前休業を請求できる期間又は産前休業期間及び産後休業期間)


①により育休延長を申請する場合、以下の要件を満たしている必要があります。
✓ あらかじめ市町区村に対して保育利用の申込みを行っており、
✓ 市区町村から子が1歳に達する日又は1歳6ヵ月に達する日後の期間について、市町区村が発行する 教育・保育給付を受ける資格を有すると認められない旨の通知又は保育所等の利用ができない旨の 通知がなされていること

上記の要件については、実態として、保育所等への入所申込が適切な時期に行われていないことを理由に、延長申請が認められないケースが多発しているようです。

育休延長の申請が認められない入所申請事例

以下は、全国の行政相談に寄せられた、育休延長申請が認められないとされた3つの事例です。

事例1: 保育所に空きがなかったため入所を申し込んでいなかったことなどから、受給期間延長が認められなかった。

事例2: 子供が1歳に達するまでの間に保育所の入所申込みを行ったが、入所希望の日付を子供が1歳に達した後の日付としたため、受給期間延長が認められなかった。

事例3: 子供が1歳に達するまでの間に保育所の入所申込みを行ったが、既に子供が1歳に達する前の時点で入所申込みの締切りが過ぎてしまっていた


出典:総務省「育児休業給付金の受給期間延長申請に関する制度の周知の徹底等-行政苦情救済推進会議の意見を踏まえたあっせん-」

この他、例えば子の1歳の誕生日が3月10日の場合、4月入園の申込しか行っていなければ、1歳の誕生日の前日までに入所を希望していないこととみなされ、育休延長申請はできないといった事例もあります。

育休延長申請においては、入所申込のタイミングが重要となります。事業主としては、労働者の育休延長申請が円滑に認められるよう、自治体への入所申込のタイミングについて周知できるようにしましょう。

会社では、育休延長申請時の「保育所入所保留通知書」の内容確認が不可欠です

育休延長申請は、支給申請書に、確認資料として市区町村が発行した保育所等の入所保留通知書など、当面保育所等において保育が行われない事実を証明することができる書類を添付することにより行います。入所保留通知書については、事業主の方で内容を確認し、適正な事由での育休延長申請であると判断できなければなりません。

関連:「【育児休業】育休延長時に必要な「保育所入所保留通知書」 事業主は内容を要確認」

まとめ

育児休業給付関連の申請には複雑な諸手続きへの対応、要件確認、厳密なスケジュール管理が不可欠であり、現場で頭を悩ませるご担当者様は少なくないようです。対応に不安のある会社であれば、「会社のミスで不支給に・・・」となる前に、社会保険労務士にご相談ください!スケジュール管理から労働者様とのやり取り、申請まで、育児休業給付の申請に精通した専門家が一貫してお手伝いいたします^^

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。