3月中旬から二次公募開始決定 ! 続報「IT導入補助金」
労務

この記事の目次
2017年1月よりスタートした「IT導入補助金」ですが、先月末で一次公募の申請期限が終了し、早くも二次公募のスケジュールが明らかになりつつあります。

さっそく、続報をチェックしてみましょう!

二次公募の申請期間は「3月中旬~平成29年6月30日(金)予定」


IT導入補助金の詳細については、2月16日付でアップした『募集期間は2月末まで ! 2017年新設「IT導入補助金」に注目』にて解説しています。

ポイントは下記5点です。

1. 中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部補助

2. 補助率は「導入に伴う経費の2/3」(上限100万円)

3. 補助対象は「事務局に承認されたIT 導入支援事業者によって提供される、指定のサービス及び製品」

4. 事前に「生産性向上を目標とした計画」、「独自の数値目標」の設定、事後に「実績報告」と向こう4年間の「状況報告」を行うことが条件

5. IT導入支援事業者による「代理申請」

参照 : 一般社団法人サービスデザイン推進協議会「IT導入補助金」

冒頭でご紹介した通り、一次公募申請期間がすでに2月28日で終了しており、二次公募申請期間は「3月中旬~平成29年6月30日(金)予定」となっています。事業実施期間や完了報告期間については、今後ホームページにて公表されるとのことです。

IT導入支援事業者も二次公募登録申請受付中。対象となるITツールがさらに増えます


二次公募開始に先立ち、今現在、新たなITベンダー・サービス事業者のIT導入支援事業者登録申請の受付が行われています。

一次公募の段階では、およそ660のIT導入支援事業者が提供する約3,000のITツールが登録されたとのこと。今回、いくつの事業者が名乗りを上げ、その中からどの程度が採択されるのかは不明ですが、対象となるITツールがさらに増えることは確かです。

一次公募の段階では申請を見送った皆さんも、新たな支援事業者が採否決定される3月中旬以降、改めてツールを検討されてみてはいかがでしょうか?

二次公募は予算に達し次第受付終了、早めの申請が得策です


IT導入補助金の二次公募申請期間は6月末の予定となっていますが、予算に達し次第、受付終了となる見込みです。経済産業省によれば、本補助金の予算として約100億円が計上されており、補助予定件数は3万件とのこと。一次公募の状況が分からず、何とも言えませんが、注目の助成金ですから早めの受付終了は十分あり得そうです。

また、ものづくり補助金など他の補助金の状況を鑑みれば、回を重ねるごとに申請件数が増えていくことは容易に想像できます。ご検討中の方には、早めの申請をお勧めします。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。