2021年9月21日からハローワークインターネットサービスが機能拡充!
労務


2021年9月21日より、ハローワーク経由での求人に関わるオンラインサービスが拡充予定です。求人者・求職者双方にとって、より一層利便性が高まることで、今後の活用の幅がぐんと広がるものと予想されます。今号では、このたび拡充されるハローワークインターネットサービス機能を確認しましょう。

この記事の目次

ハローワークインターネットサービス機能強化のポイント3つ

2021年9月21日より強化されるハローワークインターネットサービスの機能について、3つのポイントをおさえておきましょう。

✓ 求人者マイページを通じて、オンラインで職業紹介を受ける「オンラインハローワーク紹介」
✓ 求職者からの応募を直接受けることができる「オンライン自主応募」
✓ 求職者によるオンライン応募に際し、求人者側の応募書類管理や採否入力の効率化


「オンラインハローワーク紹介」と「オンライン自主応募」については一見すると区別がつきにくいですが、以下の違いがあります。

オンラインハローワーク紹介

ハローワーク職員が、職業相談で希望する求人条件等を確認している求職者を対象に、求人との適合性を判断して、オンラインで職業紹介を行うサービス。窓口での職業相談の際に検討した求人のうち一旦持ち帰りを希望した情報や、職業相談時にヒアリングした内容から求職者にお勧めできる求人情報を、ハローワークがオンライン上で送付する。

オンライン自主応募

求職者自身がハローワークインターネットサービスで探した求人について、ハローワークの紹介を受けずに直接応募できるサービス。ハローワーク経由の職業紹介には該当せず、求人者と求職者が直接やりとりする。

求人情報掲載企業においては、サービスを有効にするための設定を

前述の通り、サービスのオンライン化が進むことで、これまで以上にハローワーク求人の活用が進むものと予想されます。とりわけ、オンライン自主応募については、ハローワーク窓口で職業相談を受けていない求職者からも幅広く応募を受け付けることが可能となるため、企業側にとってメリットは大きいでしょう。

オンラインハローワーク紹介およびオンライン自主応募を受け付けるために、企業は求人者マイページを開設していることが要件となります。オンラインハローワーク紹介の場合、原則、ハローワークから企業側へ求人応募の可否を確認する電話連絡が行われることになっており、企業がこれを「可」とした後、求職者が応募すると職業紹介が成立します。

オンライン自主応募の場合、「求人区分等登録」ページの「求人情報・事業所名の公開範囲」から以下の設定を行うことで受付可能となります。設定は求人毎に行えます。

以上、参考: 厚生労働省「2021年9月21日からハローワークインターネットサービスの機能がより便利になります!」

注意!「オンライン自主応募」でトライアル雇用助成金等の要件を満たすことはできません

「オンライン自主応募」はハローワークによる職業紹介に該当しないため、これを以て雇用関係助成金(特定求職者雇用開発助成金、トライアル雇用助成金、地域雇用開発助成金)に設けられている「ハローワーク経由での求人」の要件を満たすことはできません。くれぐれもご注意ください。

まとめ

かねてより進められている行政窓口の業務効率化に加え、新型コロナウイルス感染拡大の影響も相まって、各所でますます加速するオンライン化。こうした流れに上手く乗りながら、御社の働き方改革の実現につなげてまいりましょう!

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。