2022年7月22日より、「コロナ濃厚接触者の待機期間」短縮へ
労務


第7波を迎えた新型コロナウイルス感染急拡大下において、いよいよ身近なところで感染の広がりを実感する機会が増えてきたように思います。職場においては、従業員の感染のみならず、「濃厚接触者」となったことによる欠勤が通常の事業運営に支障をきたすケースが増えています。こうした状況に鑑み、2022年7月22日より、感染者の濃厚接触者に求める待機期間について新たな基準を適用されています。

この記事の目次

新基準では、コロナ濃厚接触者の待機期間が最短3日に短縮

2022年7月21日以前では、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者となった場合の待機期間については、「原則7日間(8日目の解除)」とされ、例外的に4日目および5日目の陰性確認等の要件を満たせば5日目に解除とされていました。

この点、2022年7月22日以降、医療従事者等に限らずすべての濃厚接触者に対し

「原則5日間(6日目の解除)」とした上で、2日目および3日目の陰性確認等の要件を満たせば3日目に解除する


という新基準が設けられました。特段症状のない濃厚接触者の待機期間を短縮することで、早期の職場復帰を可能とし、社会経済活動への影響を最小限に抑えることが目的です。

そもそも「濃厚接触者」の定義とは?

「濃厚接触者」とは、陽性者の感染可能期間内(発症日の2日前から、診断後に隔離開始されるまでの間)に陽性者と接触した者のうち、次の範囲に該当する者を言います。

・ 患者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった方
・ 手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、マスクなどの必要な感染予防策なしで、「患者」と15分以上の接触があった方(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断)
・ 適切な感染防護無しに患者を診察、看護若しくは介護していた方
・ 患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方


出典:国立感染症研究所「新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領」

ちなみに、職場における濃厚接触者の取扱いは2021年度末に変更され、それ以前の取扱いから緩和されています。

関連記事:
『<2022年春から変更>職場におけるコロナ陽性者発生時の「濃厚接触者」の取扱いに関わる新方針』

濃厚接触者の待機期間に関わる起算日の考え方

濃厚接触者の待機期間を考える上では、起算日の特定が重要になります。この点、「陽性者の発症日(陽性者が無症状の場合は、検体採取日)」または「陽性者の発症等により住居内で感染対策を講じた日」のうち、いずれか遅い方が「最終接触日0日目」となります。埼玉県のホームページに分かりやすい図がありましたので、ご紹介しておきます。

濃厚接触者の考え方_参考例
出典:埼玉県「濃厚接触者の考え方」

まとめ

職場における感染者・濃厚接触者の発生は、正常な事業運営を考える上では深刻な労務課題となり得ます。今号で解説した「コロナ濃厚接触者の待機期間短縮」等の最新情報を漏れなく確認し職場に適用する、自宅待機であっても体調に問題がない様であれば在宅勤務に切り替えて業務に従事させる等、柔軟な対応をとることで、できる限りの事業継続を図ってまいりましょう。コロナ禍の労務管理は、SHARES公認の社会保険労務士にお気軽にご相談ください。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。