現在の雇用・求職状況からわかる【採用成功のヒント】
労務


【採用大学】スポット社労士くんがリサーチした採用に関するヒントを皆様にお届けします!

この記事の目次

現在の雇用・求職情報

2022年7月時点、帝国データバンクの調査によると、正社員の人手不足の割合は47.7%となっており、約半数の企業が「人手が足りない!」と感じていることが分かります。

業種別の正社員の人手不足の割合は以下のようになっていて、多岐に渡る業種で、人手不足の割合が50%を超えていることが分かります。
正社員の人手不足割合
(出典:帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査(2022年7月)」)

そして、非正社員の人手不足はさらに顕著となっています。
「飲食店」では73.0%と、店を開けたくてもあけられなかったり、十分な顧客数をこなせなかったりと、人手不足は深刻な問題となっています。
非正社員の人手不足割合
(出典:帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査(2022年7月)」)

実際、7月の全国の有効求人倍率は、2年3か月ぶりにすべての都道府県で1倍を超え、新型コロナ禍前の水準に近付きつつあります。
2022年1~7月の人手不足倒産は76件発生し、前年同期よりも17件上回っています。
「人手不足のせいでなかなか利益につながらない」といった現象をなくすためにも、採用活動の活性化が1つのポイントになるかと思います。

その採用活動において、規模別の採用形態は以下のようになっています。
採用形態
(出典:帝国データバンク「企業が求める人物像アンケート」)

大企業が新卒採用メインなのに対し、中小企業、小規模企業は中途採用がメインとなっています。
「即戦力が欲しい」というのが理由です。
しかしながら、中途採用をメインとする中小企業においては、
「専門技術を持った人が欲しいが、なかなか労働市場に放出されない」
「若手の人材不足感はさらに増えていくであろう」
といった声も聞こえています。

最近では「中途・経験者」=「仕事ができる」という図式は、中小企業経営者が思っているほど当てはまらず、経験者採用で失敗している企業も少なくありません。

では、「人が必要だ。でも、なかなかいい人が採用できない」という課題を解決するためにはどうすればよいのでしょうか?
ヒントは、「求職者検索ワードランキング」にあります。

どのランキングを見ても、上位に検索されているワード。それは「未経験者」です!
今、「働きたい!転職したい!」と考えて積極的に動いている求職者は
「未経験でも働けるところ」を探しているのです。

そこで、未経験者を採用するメリットを考えてみました。

①意欲的(分からないからこそ一生懸命に知識を得ようとし、新しい風を吹き起こしてくれます)
②他業種での経験が活かせる(効率化、営業方法、作業管理方法等、よりよい方法が見つかる可能性)
③染まっていない(柔軟に知識を取り入れ、活かそうとしてくれます)
④未経験者を育成することによって、現在の従業員の責任感が高まったり、モチベーションが上がったりする。
人材育成システムも構築できる。


経験者の方が良いな、即戦力として働いてほしいと思われている企業も多いですが、今一度考えてみてください。
誰でも初めは未経験。未経験だからこそ、必死になって学び、働く経験をしたことがあるのではないでしょうか?
そのような経験は、求職者自身、そして会社さえも成長させてくれるきっかけとなり得ます。

実際、中途採用をメインとしている会社であっても、求める人材像としてトップにあがってくるのは「コミュニケーション能力が高い」「意欲的である」といった、経験の有無にとらわれない部分が重視されています。
求める人材像
(出典:帝国データバンク「企業が求める人物像アンケート」)

「経験者枠」にとらわれず、今のご時世にあった柔軟な採用を始めてみませんか?
スポット社労士くんでは社労士事務所としての知識を活かし採用のサポートをしています。
定着を考えた新しい採用方法を一緒に作りましょう。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。