中国、海外で商標出願急増 ブランド育成、政府が補助金 競争ゆがめる懸念

中国が世界で商標(総合2面きょうのことば)の出願を増やしている。日米欧での出願は2017年までの3年で7倍近くに急増した。中国政府が世界的なブランド育成を目標に掲げ、国外での商標を...

日本経済新聞 - 2018年06月14日(木)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (1)

この話題にコメントする

  • 鈴木 康之

    隼あすか法律事務所

    たしかに、最近、中国企業からの日本での商標出願に関する問い合わせも増えてきています。

    先日、中国での知財保護に関するセミナーを中国弁護士と共同で行いました。中国国内の裁判制度・法律制度も知財保護を強化する方向で改善されています。日本企業にとって、これまでは中国で自社の権利保護をどのように図るかという問題意識のほうが強かったように思いますが、さらに中国の企業の知定期財産権を侵害しないようにも注意することが必要でしょう(出願の増加の中には、記事にあるような冒認出願の文脈ではない、正当な出願も当然含まれていますので)。

    2018年06月15日(金) 20:48