保守層の壁崩す人手不足 外国人の単純労働容認 舞台裏追う

政府が外国人の単純労働者の受け入れにカジを切った。2019年4月に、建設や介護など5分野で最長5年の就労を認める在留資格を新設する。安倍政権はこれまで外国人の単純労働を原則認めず、...

日本経済新聞 - 2018年06月21日(木)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする