最低賃金、3年連続20円超上げへ 主要国になお見劣り

厚生労働省は今秋の最低賃金の見直しに向けた議論を26日から始める。全国平均で時給848円という今の水準を引き上げる方向で、上げ幅は3年続けて20円を超す見通しだ。政府が目指す全国平...

日本経済新聞 - 2018年06月21日(木)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする