人材開国 日本の課題 識者に聞く 新たな中間層 想定必要

政府が新たにつくる在留資格の枠組みは心配な点が多い。日本には技能実習生という事実上の単純労働者と高度人材という大きく2種類の外国人労働者がいる。受け入れ期間が長くなれば熟練度が上が...

日本経済新聞 - 2018年07月31日(火)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする