都会の農地 宅地化抑制 貸しても税優遇、面積要件緩和 国、転用急増を警戒

国や地方自治体は都市部に集まる農地「生産緑地」の宅地への転用が急増しないよう対策を急ぐ。2022年に約8割の生産緑地の税優遇が期限切れとなる「22年問題」を放置すれば、宅地供給が急...

日本経済新聞 - 2018年08月15日(水)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする