増殖続く「迷子の土地」 所有者不明問題、特措法成立後も

国土の約2割の面積の持ち主が分からない「所有者不明土地問題」。6月初め、都道府県が土地に利用権を設定し事業に使いやすくする特別措置法が成立し、すでに不明化した土地の利用について一定...

日本経済新聞 - 2018年08月16日(木)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする