「入国在留管理庁」に588億円 法務省の19年度概算要求 総額8000億円超、過去最大

法務省は30日、総額8018億7500万円の2019年度予算の概算要求を発表した。19年4月に「入国在留管理庁」を新設するのに伴い、人件費やシステム改修費など出入国管理の関連費用に...

日本経済新聞 - 2018年08月31日(金)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする