不正情報の把握 体制整備がカギ 日本版司法取引制度導入から5カ月 通報窓口や監査拡充 報告者らの処遇課題

他人の犯罪の解明に協力する見返りとして、自分の刑事責任の軽減を受けられる日本版司法取引制度が6月に導入された。7月には外国公務員への贈賄事件で初適用され、話題になった。今後は企業の...

日本経済新聞 - 2018年11月05日(月)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする