技能実習の轍を踏まぬ制度に

政府は来年4月に「特定技能」という在留資格を新設し、外国人労働者を本格的に受け入れる。その際、念頭に置かねばならない点がある。多額の手数料を要求するブローカーが介在するなど、問題の...

日本経済新聞 - 2018年12月18日(火)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする