外国人との共生、道遠し 上級論説委員 水野裕司

政府が外国人労働者の本格的な受け入れにカジを切った。欠かせないのが日本語習得や医療など生活面の支援だ。126項目からなる「総合的対応策」が決まったが、見落とされている問題や対策が大...

日本経済新聞 - 2018年12月28日(金)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする