外国人材活用の条件(上)低生産性企業の温存 避けよ

2018年に成立した改正出入国管理法は在留資格「特定技能」を創設した。14の特定産業分野に今後5年間で約34万人の外国人材受け入れを数値目標として定めた。 ここで対象となるの...

日本経済新聞 - 2019年03月12日(火)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする