残業時間抑制へ新規雇用 中小に最大600万円

厚生労働省は残業時間を抑える目的で中小企業が新規に従業員を雇った場合、最大600万円を支給する制度を4月から導入する。1人あたり60万円で、1企業につき10人分が上限となる。4月に...

日本経済新聞 - 2019年03月12日(火)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする