「攻めの知財」シフト進む 専守脱却、新事業に活用

日本企業に「攻めの知的財産戦略」が広がり始めた。知財情報を中心としたビジネス分析をM&A(合併・買収)や新事業に生かす試みで、「IPランドスケープ(IPL)」と呼ばれる。日本企業は...

日本経済新聞 - 2019年05月14日(火)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする